服の汗ジミや黄ばみはどうしたらいい?

「毎日洗濯しているのに汗ジミがや黄ばみができてしまう」

「黄ばみが落ちなくて泣く泣く洋服を手放した」

という経験は多くの人がしたことがあると思います。

汗をかく季節はどうしても出来てしまう、脇や襟元の汗ジミ…。

特に脇の汗ジミは頑固で、洗濯してキレイに落ちたと思っても、乾いたらうっすらと黄ばみができるなんてよくあることです。

汗ジミは放置していると、どんどん濃くなり余計に落ちにくくなります。

そうなる前に、しっかりとお手入しましょう!

服の汗ジミはの原因は?

洋服の黄ばみや汗ジミは、皮脂の洗い残しが原因です。

身体から出た皮脂が酸素や日光に触れると酸化し、汗ジミや黄ばみとなります。

また汗ジミ等の皮脂汚れは、普段の洗濯だけでは完全に落としきるのが難いんです。

洗濯で落としきれてない黄ばみがどんどん積み重なって、目立つようになっていきます。

黄ばみを放置しておくと、黒ずみになることも!!

なので、黄ばみを予防するには皮脂をしっかり落とすことが大事です。

自宅で出来る!漂白剤を使った黄ばみや汗ジミの落とし方

汗ジミや黄ばみはクリーニングに出すのが一番楽で確実ではあります。

しかし、費用の面も考えると出来れば自宅で済ませたいですね。

お手頃に購入出来る「酸素系漂白剤」を使えば、家計にも優しく汚れも驚くほど落ちるんですよ!

色柄ものの洗濯もOKです!

漂白剤を使った汗ジミの落とし方

① バケツやたらいに50℃くらいの熱いお湯を入れます。

② 酸素系漂白剤を大さじ3~4杯入れて溶かします。

③ 汗ジミの着いた洗濯物を入れて1~2時間漬け置きします。

④ その後洗濯機に入れて通常通り洗濯します。

ここで大事なのは、お湯を使う事!

酸素系漂白剤は40~50℃位の温度が一番力を発揮します。

また、皮脂汚れはお湯の方が落ちやすいのでWで効果的なんです。

汚れを落とすと同時に消臭効果もあるので汗の臭いや体臭なども消臭出来ます。

漂白剤を使う際の注意点

【注意点①】

漂白剤には「塩素系」と「酸素系」とありますが、必ず「酸素系」を使って下さい。

服を傷めず汚れだけを落とす作用があります。

塩素系漂白剤の方が強力ではありますが、生地を傷めたり変色したりすることがあります。

 

【注意点②】

酸素系漂白剤は生地に優しいとはいえ、長時間漬けすぎると生地を傷める可能性があります。

漬け置き時間は、2時間くらいまでにしておきましょう。

最終手段!洗濯物を煮沸させる漂白方法

漂白剤への漬け置きでも落ちない頑固な黄ばみは「煮沸」してみましょう。

服を煮ると聞くと驚く人も多いと思います。

しかし、高温で煮沸することで皮脂の黄ばみがとても落ちやすくなるんです。

煮沸漂白で黄ばみを落とす方法

① 大きな鍋にお湯を沸かし、酸素系漂白剤と洗濯用洗剤を入れます。
(水1リットルに対し、漂白剤小さじ1、洗剤小さじ2の割合)

② 鍋に服を入れ、30分以上弱火で煮ます。

③ その後火を止めて1日放置します。

④ 普段通り洗濯します。

クリーニング店でも行っている、すごく効果のある方法です。お試しあれ!

煮沸漂白での注意点

【注意点①】

シルクのシャツやカラーのシャツは、煮沸しないでください。

生地を傷めたり、色落ちの原因となります。

 

【注意点②】

鍋のふきこぼれに注意して下さい。

最初の方はかなり泡立ちますので、火傷に注意して下さい。

かき混ぜて拭きこぼれを防ぎましょう。

日々のひと手間で汗ジミ防止を!

黄ばみや汗ジミは普段のひと手間で、付きにくくすることができます。

汗ジミがつく前に、対策をしておきましょう。

服にベビーパウダーを馴染ませる

服を洗濯し乾かした後、脇や首元など黄ばみやすい部分にベビーパウダーをなじませます。

スポンジで軽く叩きながら、薄く漬ける程度です。

ベビーパウダーは汗や皮脂を吸収するチカラがあるので、汗で出来る黄ばみを抑えることができます。

服に撥水スプレーをひと吹き

洗濯した後、着用前に撥水スプレーをひと吹きしておきましょう。

撥水スプレーは汗をはじく力があるので、汗ジミを抑えることができます。

しかし、一定以上の汗は通してしまうので、汗っかきの人は効果が薄いかもしれません。

まとめ

洗濯で落ちない汗ジミや黄ばみの落とし方についてまとめてみました。

汗ジミや黄ばみは染み付いてしまうと、落とすのが結構面倒です。

時間が経つとともに厄介になってきますので、とにかく早めの対策が必要です。

特に汗をかきやすい季節には、いつも以上にこまめなケアを心がけましょう。

 

 

スポンサードリンク