足の冷え症改善は自力で出来る!

女性に多い冷え性ですが、特に足などの末端冷え症で悩む人も多いですよね。

足先がジンジンと痛く眠れない夜を過ごしているませんか?

靴下を何枚履いても、カイロで温めてもなかなか改善できなく諦めている人も多いと思います。

しかし、足先もちゃんと血管の通った体の一部です。

足先でも自ら温まる力は持ってるんです。

足先が冷えやすい人には習慣があり、それを改善することで自分で温まる力を取り戻せるんですよ。

足の冷え対策は「ふくらはぎ」から!

足先が冷えると、とにかくその足先を温めてしましますよね。

しかし、その前にまず「ふくらはぎ」を温めるのが効果的なんです。

ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれ、下半身の血液を心臓に戻すポンプの機能があります。

このふくらはぎを温めることで、ポンプ機能が大幅にアップします。

足から心臓への血の巡りがスムーズになるので、体が温まりやすくなるんです。

冷えを感じたら、まずふくらはぎを温めるようにしましょう。

ふくらはぎの効果的な温め方には、こんな方法があります。

レッグウォーマーで温める

ふくらはぎを外気にさらしてしまうと、冷えは進行してしまいます。

レッグウォーマーを使って、肌との隙間を作らないようにしましょう。

常に保温している状態でいれば、ふくらはぎは冷えにくくなります。

外出時だけでなく、家の中にいる場合もレッグウォーマーは効果的です。

ホットタオルや使い捨てカイロで温める

冷えがひどく、すぐに温めたい場合は、ホットタオルや使い捨てカイロで温めてあげましょう。

脂肪が多い部分が特に冷えやすいので、ふくらはぎの柔らかい部分に優しく当ててあげるのが効果的です。

足湯で温める

浴槽にすこしお湯をはり、膝から下を入れて温めます。

この時上半身は暖かい格好をしておくと、体がぽかぽかと効率的に温まりますよ!

足先が冷えやすい人の特徴と改善策

足先が冷えやすい人には、生活習慣に特徴があります。

次のような習慣はありませんか?

自分の習慣を見直してみましょう。

靴下の重ね履きや硬い靴を履いていませんか?

足の指を動かさ無いままにしておくことが冷えにつながります。

・出来るだけ家の中では薄めの靴下にする

・足が動きやすいスニーカーを履く

などで、足をのびのび動かす時間を作ることを心がけましょう。

足の指を動かすことで筋肉がポンプのように動き、血の巡りをよくします。

足先を温める働きが回復しやすくなりますよ。

足を温めすぎていませんか?

冷え症がひどい人は、ストーブや半身浴などに頼らないと自力で足先を温めることは難しいですよね。

しかし外側から温めてばっかりだと、リバウンドみたいに更に足先の冷えが進行してしまう場合があります。

冷えた体は元の状態に戻ろうとして、元の温度より下がってしまう可能性があるんです。

冷えでジンジン痛かったり、本当に寒い時は外から温めてあげることも大事ですが、出来るだけ自分の力で温める努力をしましょう。

寒いと思った時は、何度も足首を回したり歩いてみたり、出来るだけこまめに「足を動かす」という事を心がけましょう。

冷たいものの取り過ぎていませんか?

ダイエットや健康に良いからと、冷たいヨーグルトやスムージーを食べていませんか?

朝は一日のエネルギーを作る大事な時間です。

冷たいもので一日をスタートさせるのはよくありません。

冷たいものばかり採っていると胃腸を冷やします。

胃腸を冷やすことで、血液は内臓に集中して血流が悪くなり、足先はどんどん冷えていきます。

特に起きて最初の食事は体を温めるものをとりましょう。

運動不足ではありませんか?

運動をすると身体が温まるのは大体の人が理解していると思います。

しかし、温まるのを一時的なことだと思っている人が多いんです。

適度な運動を継続することで毛細血管が増え、血液の巡りが良くなります。

しかし、運動をやめるとまたすぐに減ってしまいます。

冷え性を根本から改善するには、定期的気に体を動かすことが大事です。

足を冷やさない対策もしっかりと!

冷え性そのものを改善するのも大事ですが、なるべく足を冷やさない対策も取りましょう。

体を締め付ける服は控える

締め付けの強い服は血行が悪くなり、冷えの原因になります。

補正下着や、きつめのストッキング、ハイヒール、靴下の重ね履きは避けましょう。

出来るだけ血流を妨げないような服装を心がけましょう。

靴下が濡れたら履き替える

汗でぬれた靴下は、時間が経つと冷えて来て足の冷えにつながります。

濡れたら履き替えるようにしましょう。

足汗をかきやすい人は変えの靴下を持ち歩くなどの対策を撮りましょう。

薄着をしないようにする

脚や肩を露出したり、腹だしなどお腹まわりの冷えるような薄着は控えましょう。

特に太い血管のある、「首」「足首」「手首」の周辺は冷やさないように気をつけましょう。

まとめ

足の冷えの対策法についてまとめてみましたがいかがでしたか?

自分自身、足の冷えがひどく毎年冬には悩まされています。

今回気づいたのですが、体を冷やすNG行為にいくつか心あたりがありました。

私の冷えは体質だと思っていたけど、自分で冷える状況を作っていたんですね^^;

今年の冬は、冷やさない生活を習慣にしながら、冷えを改善する方法を試していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク