身内に出産祝いを贈る際のマナー知ってますか?

妹が出産し姪っ子が誕生ました!

少しでも血がつながってると思うとすっごく可愛く感じるものですね♪

おめでたい姪っ子の誕生ですが、気になってるのが出産祝いです。

身内の出産祝いの相場ってどれくらいなのでしょうか?

姉妹とはいえお金のことって口に出してはなかなか聞きづらいですよね。

現金を渡すのか?プレゼントを渡すのか?

相場はどれくらいなのか?

初めての身内のお祝いなので疑問だらけです。

ということで、身内の出祝いのあれこれを調べてみました。

身内の出産祝いの相場ってどれくらい?

一般的には出産祝いの相場は、5,000円~10,000円くらいです。

しかし、兄弟・姉妹でも贈る相手や贈る側の年代などで相場は変わります。

兄弟の妻が出産した場合の相場

兄弟の妻が出産した場合のお祝いの相場は、5,000円~10,000円くらいです。

贈る側が学生や独身の場合は、3,000円ほどで少な目も金額でも問題ないようです。

逆に、贈る側が既婚で相手が年下の兄弟の場合は、多めの30,000円くらい贈ることもあるそうです。

自分の姉妹が出産した場合の相場

姉妹が出産した場合、相場は5,000円~10,000円です。

ただ、実の姉妹が出産したということで、多めの20,000円ほど贈る場合も多い様です。

贈る側が20代独身の場合

出産祝いを送る側が20第で独身の場合は、5,000円くらいが相場です。

現金じゃなくても、5,000相当のプレゼントや商品券を贈るのもいいですね。

贈る側が30代以上、または既婚の場合

出産祝いを贈る側が、30代以上または既婚者の場合はお祝いの額は、10,000円~30,000円が相場です。

現金ではなくプレゼントを購入する場合も高価なプレゼントを買う事ができますね!

兄弟・姉妹には現金の方がいい?

身内の出産祝いは現金にするか贈り物にするか悩むところですよね…。

実際は現金の方が喜ばれることが多いようです。

育児で何かとお金がかかる

赤ちゃんは毎日オムツやおしり拭きをたくさん消費します。

他にも、洋服、肌着、よだれかけ、ベビー石鹸・シャンプー、ガーゼなどなど、とにかく必要なものが多い時期です。

更に、ベビーベッド、チャイルドシート、抱っこ紐などお金のかかるものだらけです。

軽くうん十万は飛んでいくことでしょう(@_@;)

そんなお金のかかる時期には現金はありがたいですね。

お祝いのお返しに使える

出産祝いをもらった側は、お返しをするのがマナーですね。

お返しの相場は、もらった金額の1/3~半額程です。

なので、プレゼントばかり頂くのはありがたい反面、お返しのお金の準備が大変になってきます。

そこにお祝いで頂いた現金があるとすごく助かります。

兄弟・姉妹だと”現金が欲しい”といいやすい

友達や会社の同僚などには、よっぽど信頼関係が出来てなければ”現金が欲しい!”とは言えませんよね。

兄弟・姉妹だと正直に”現金がいい”と言いやすいです。

(兄弟・姉妹の距離感にもよりますが…)

ただ、いくら仲のいい兄弟・姉妹でも高額になると義兄弟(姉妹)が戸惑ってしまいます。

相場は大きく外れないようにした方がいいですね。

ママの本音!プレゼントは何が欲しい?

友人数名に「出産祝いでもらって嬉しかったものって何?」って聞いてみました。

もらって嬉しかったプレゼントは?

【80cm以上のベビー服】

生まれてすぐのものは事前に買いそろえておくでしょう。

しかしそれより先のものは準備していないことが多く、生後半年~1歳半くらいで着れるサイズの服はすごく助かるそうです。

【スタイ(よだれかけ)】

毎日何枚も使うスタイは何枚あっても困らないそうです。

種類も豊富なので、人と被りにくい点もプレゼントにいいですね。

首回りのサイズが調整出来るようになってるものが使いやすそうです。

【おむつ、おしりふきなどの消耗品】

おむつやおしり拭きは毎日たくさん消費するものなので、すごく助かる贈り物のひとつです。

最近は「おむつケーキ」も人気ですよね。

おむつケーキは100均などで揃えられる材料でも作れますし、お店で注文出来たりもします。

ただ、おむつはサイズやメーカーなど合わない場合もあるので、注意が必要です。

【大き目のタオル】

赤ちゃんをくるんだり、掛け布団代わりにしたり、何かと便利なのが大きめのタオルです。

タオルは子供が大きくなっても使えるので、ずっと使ってもらえるのも贈る方としても嬉しいですよね。

家で手軽に洗えてすぐ乾くタイプがおすすめです。

もらって困った出産祝い

もらえるだけでありがたい出産祝い。

だけど、もらって困ったプレゼントも少なくないようです。

【サイズが合わない服や靴】

新生児サイズの服は、サイズが合わず使わないことが多いそうです。

靴や靴下も成長の早い赤ちゃんは、履こうとしたときには小さくなってる…なんてこともよくあるみたい^^;

なので、生後半年くらい~のサイズをプレゼントするのが間違いないですね。

【ミトン】

かかじり防止に手に付けるミトンは、赤ちゃんが嫌がって結局使わなかった、という人は多いようですよ。

赤ちゃんがミトンを付けている姿は可愛いからあげたくなっちゃいますよね。

でも、実用性を考えたらあまりおすすめ出来ないグッズですね。

【おさがりのベビー用品】

ベビーベッド、ベビーチェアなど、必要だと確実に分かってるものだったらすごく助かります。

マナーとして、必要かどうかを確認してから渡すようにしましょう。

特に初産のママは神経質になる場合も多いので、お下がりのものは相手が欲しいというもの以外は、贈らない方が無難かもしれませんね。

【マザーバッグ】

必要になるマザーバッグですが、使い勝手やデザインの好みなどがあり、もらっても困った…なんて人も少なくないです。

贈る際、好みが分かれるものは選び方を注意しなければいけませんね。

あえてママへのプレゼントも有り!

出産祝いと言えば子供用品とうイメージがありますよね。

そこであえて、ママ専用のプレゼントも”まさか自分に!”と嬉しいそうです。

【ノンカフェインのお茶やコーヒー】

育児の合間に、ほっと一息つける飲み物があると嬉しいですよね。

タンポポ茶、ノンカフェインコーヒー、黒豆茶、ルイボスティーなどノンカフェインのものを選びましょう。

【授乳クッション】

授乳クッションは授乳の際にあると便利です。

タオルや他のクッションで代用できるので、あえて自分では買わないけどあれば嬉しいグッズです。

【リラックスグッズ】

子育てが忙しくスキンケアも念入りに、手軽にできるフェイスパック。

合間に手軽にできる、ハンディーマッサージ機。

など育児に疲れたママが、空いた時間にリラックス出来るようなグッズは嬉しいですね。

まとめ

出産祝いについてのあれこれをまとめてみましたが、いかがでしたか?

きっと嬉しいだろうと思って贈ったものが、実はそうでもなかった…。

なんてことも意外と多いようです。

好みや流行りなどもあるので、具体的にリクエストを聞けた方が一安心ですよね。

身内の場合は特に聞きやすいので、私はリクエストもらおうかな~と思ってます。

 

 

スポンサードリンク