梅雨の湿気対策してますか?

雨の日のジメジメってホント嫌な気分になりますよね。

梅雨でそんな日が続くと、家にいても憂鬱になります。

そのお部屋のジメジメ、簡単に解消出来るって知ってました?

ジメジメの原因は、換気をしていないからなんです。

しっかり換気してあげれば、ジメジメなんて一気に解消しちゃいます。

効率的な換気の方法をご紹介しますね。

部屋のジメジメ解消のポイントは”換気”

雨の日に換気をすると、部屋までジメジメしてしまう。。。

と思っていませんか?

実は、それは間違いです!

湿気の対策には、たとえ雨の日であっても換気が必要です。

それは、”空気を動かす事”がとても大事だからです。

雨の日の換気はどうしたらいいの?

雨の日、部屋に雨が振り込むようだったら窓は空けない方がいいです。

そんな場合は除湿機やエアコンなどで湿度を飛ばしてあげる方がいいですね。

少しの雨で降り込むほどなければ、窓を5~10センチ空けましょう。

そして換気扇を回しておけば、少しずつですが風が通ります。

部屋に風を通してあげることで、滞った湿気が解消できます。

湿気対策の扇風機の活用方法

雨の日の湿気対策に、扇風機があると便利です。

エアコンがあればじゅうぶん!

なんて思ってる人も多いと思いますが、空気を動かしてくれるのはやはり扇風機なんです。

汗をかいた時に風に当たると、スッと汗が引きますよね。

そんな風に、扇風機の風は水分を飛ばしてくれます。

換気扇が届かない部屋や、奥まった部屋などの湿気が気になる時は、扇風機を使って風を流しましょう。

また、窓を空けても風が通らない時に、空気を送るのに使いましょう。

1台じゃなく2台、3台持ってる方は、複数の部屋のドアを空けて同時に使ってあげると空気が通ってるのを感じられます。

ジメジメした部屋にスッと風が通ると、とても気持ちが晴れますよd(-ω・。)

エアコンでの除湿は効果はあるけど…

エアコンで除湿すると確かにかなり効果はあります。

エアコンが入ってる部屋はサラッとした空気で快適に過ごせますよね。

しかし、除湿を目的に使うと部屋が冷えすぎる、という欠点があります。

最新のエアコンだとそんなこともないかもしれませんが、そんなご家庭ばかりじゃないですもんね。

それにエアコンを使うと電気代も気になるし…

一番手軽に除湿できるのは、やはり扇風機かなd(-ω・。)

扇風機の電気代はどれくらい?

除湿の為に扇風機を一日使うとしたら、機種にもよりますが大体10円位です。

1ヶ月毎日使っても約300円。

それで湿気対策が出来ると思えば安いもんじゃないですか?

エアコンは、機種にもよりますが1日100~200円です。

月に換算すると、約6,000円。

なかなか痛い金額になりますね…。

この差は大きいですね~(@_@;)

ちなみに、換気扇は1日大体1~2円、1ヶ月約60円です。

扇風機と換気扇のW使いでも、まだまだお安いですね!

扇風機とサーキューレーターってどう違うの?

扇風機に似たもので、サーキュレーターって商品もあります。

扇風機とサーキュレーターの違いについてご説明します。

扇風機とサーキュレーターの違い

【一般的な扇風機の特徴】

・風を直接身体にあてる役割

・首振り機能がついている

・風量やタイマーなど、細かい調節ができる

・風は広く届くけど距離は短い
【一般的なサーキュレーターの特徴】

・空気を循環させる役割

・直線的な強い風を遠くに送ることが出来る

・タイマーや風量調整など、扇風機にくらべ機能が少ない

部屋の除湿にもサーキュレーターが活躍

扇風機で空気を送ることで部屋のジメジメは解消できますが、サーキュレーターも同じ効果があります。

空気を循環させるという目的だけなら、サーキューレーターの方が効率的かもしれませんね。

また、扇風機に比べ小型のものが多いので、場所を取らないのも嬉しいとこです。

しかし、サーキュレーターお持ちでなくてもわざわざ買う必要はないと思います。

扇風機だったら多くのお宅でお持ちだと思いますし、扇風機も十分効果を発揮してくれます。

私は、扇風機と換気扇で十分効果を感じています。

こんな場所の除湿も見逃さないで!

部屋がジメジメしてるということは、部屋の他の場所も湿気たっぷりの可能性が高いです。

先日、靴箱から1年ぶりにパンプスを取りだしたら、カビだらけになっていました(ToT)

パンプスだけでなく、靴箱自体、中がカビ臭い…(-_-;)

靴箱の除湿なんて皆無でした。

見落としがちですよね~。

家のいたるところに、そんな場所があると思います。

特に気を付けたい場所を2か所ピックアップしてみました。

靴箱も扇風機で除湿を!

靴箱のある玄関は空気がこもりがちの場所です。

そのため湿気も溜まりやすいんです。

ましてや靴箱はほぼ閉めっぱなしなので、実は湿気がものすごいんです。

定期的に靴箱の扉をオープンにして、扇風機などで空気を循環させてあげましょう。

市販の除湿剤など靴箱に入れておくのも効果的ですが、たまには空気を流してあげることも大事です。

押し入れやクローゼットも扇風機で空気を流して!

押し入れやクローゼットも見落としがちの場所なんですよね。

布団や服がカビ臭い…なんて経験をしたことがある方も多いと思います。

クローゼット内のカビ対策は除湿しかありません。

靴箱同様、定期的に扇風機などで風を流してあげましょう。

晴れた日は、しばらくフルオープンにしておくだけでも効果は期待できます。

まとめ

湿気対策と扇風機の活用方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

とにかく、空気の流れを滞らせない事が湿気対策の大きなポイントです。

扇風機での対策は誰でも手軽にできる方法ですよね。

安く手軽な対策で、憂鬱なジメジメ時期を乗り切りましょう♪

 

 

スポンサードリンク