日焼け後のお肌のお手入れしてますか?

夏の強い日差しでひどい日焼けを経験した人も多いことと思います。

そんな時、しっかりアフターケアしていますか?

アフターケアすることでひどい日焼けの症状を和らげることができます。

間違ったケアをすると、治りが遅くなったりシミが出たり、将来後悔することになります。

日焼け後の正しいケア方法をご紹介します。

赤みは早く抑えて!日焼け直後のケア方法

紫外線を浴びて肌が黒くなる人と、赤くなる人といますよね。

黒くなるという人は、俗にいう『日焼け』です。

しかし、赤くなるのは日焼けではなく『ヤケド』なんです。

そのため、日焼け直後のアフターケアがとても大事になってきます。

日焼けの後はまず冷やす

肌が赤くなるのは、紫外線による炎症によって肌が炎症を起こしているサインです。

日焼けの赤みはヤケドと同じなので、まず冷やしほてりを鎮める事が大事です。

赤みのある部分に濡れタオルや氷水、冷水でのシャワーを当てましょう。

触って熱を感じなくなるまで徹底的に冷やしましょう。

このとき、皮膚をこすったり叩いたり、皮膚に負担をかけないように気を付けましょう。

冷やした後は保湿が大事

冷やし炎症が治まったら、保湿して肌を守ってあげましょう。

日焼けの状態で対処の仕方が違います。

【ほてりが治まった場合】
しっかりほてりは治まったという場合は、たっぷりの化粧水で保湿しましょう。

そのあと、乳液やクリームで保護をしてあげるとさらに効果的です。


【ヒリヒリする場合】
ヒリヒリとほてりがある場合は、化粧水などの保湿液がしみることがあります。

そんな時は、軟膏を塗ってあげるといいです。

おすすめは「オロナイン」です。

皮膚の万能薬といわれるほど、色々な症状に対応しています。

殺菌・消毒効果もあるので、日焼けによる赤みにはうってつけのアイテムですよ!


【我慢できない程ほてりがある場合】
我慢が出来ないほどのほてりがある場合は、病院での診察を受けることをおすすめします。

水ぶくれ、吐き気、頭痛がある場合も病院で観てもらいましょう。

化粧水での保湿のポイント

ポイント①
いつもよりたっぷりの化粧水で保湿してあげましょう。

また、コットンではなく手のひらの優しい力加減でなじませるようにつけてあげますs。

摩擦が起きにくく肌に優しいからです。

ポイント②
化粧水をつけてヒリヒリした場合は、無理に化粧水を使わないようにしましょう。

痛みがある場合は、軟膏に切り替えましょう。

ポイント③
外でのレジャーや海に行くなど、日焼けしそうな日は、あらかじめ化粧水を冷蔵庫で冷やしてお着ましょう。

肌への保湿と同時に、冷やすケアをする事ができます。

日焼け後は水を多めに飲む

日焼けの直後は、こまめに水分補給をするように意識しましょう。

身体に水分が足りてない状態なので、化粧水などで外から水分を与えると同時に、水分補給で内側からも補ってあげます。

日焼けの翌日から気を付るべきこと

ほてりや赤みが引いたからといって、ケアを怠らないようにしましょう。

日焼け翌日からも意識すべきポイントをご紹介します。

新たに日焼けをしないように!

日焼け後の肌はとてもデリケートな状態です。

できるだけ、新たな日焼けをしないように気を付けましょう。

・日焼け止めを塗る

・外出時は上着をはおる

・帽子や日傘で日光から肌を守る

・なるべく日向に出ない

栄養のある食べ物を摂る

日焼け後は栄養のある食べ物を積極的に摂りましょう。

おすすめな栄養素、食材をご紹介します。

【タンパク質】
すこやかな肌を育てるために欠かせない栄養素です。

肉、乳製品、魚、卵、豆類に含まれます。

【亜鉛】
亜鉛は、必須ミネラルの一種です。

牡蠣、のり、しじみ、肉、納豆などに含まれます。

【ビタミンC】
ビタミンCは特に亜鉛と一緒に摂ると効果的です。

ピーマン、ブロッコリー、パセリ、いちご、キウイ、アセロラなどに含まれます。

睡眠をしっかりとる

日焼けから解放されるためにはお肌のターンオーバーがポイントになってきます。

そのためにも、睡眠をしっかりとることも大事です。

成長ホルモンが活発に分泌される、22時~2時に熟睡してるのがべスD¥とです。

質のいい睡眠をとるために、寝る前にはアルコールやカフェインを取るのは控えましょう。

寝る前のテレビ、スマホ、パソコンなども睡眠の質を落とすため、良くありません。

日焼けはどれくらいで戻るの?

日焼けのサイクルについて

日焼けから肌の色が戻るまでのサイクルをまとめてみました。

①日焼け後2~6時間で肌が赤くなる。

②ヒリヒリ痛みが出てくる。

③日焼け後、3~8日で日焼けした浅黒い肌になる。

④28日(ターンオーバーの周期)で肌の色が戻る

肌の色が戻らない場合は?

ターンオーバーの28日で日焼けのあとが消えない人は、肌の代謝が悪い可能性があります。

日焼けを早く治したい場合は、ターンオーバーが正常に行われる努力をしましょう。

そのために、前にご紹介した栄養のある食事や睡眠が大事になってきます。

日焼け止めの正しい使い方

日焼け後のアフターケアについてご紹介しましたが、そもそも日焼けをしないようにすることが大事です。

日焼け対策で一番メジャーで手軽なのが、日焼け止めクリームの利用だと思います。

しかし、ただ塗るだけでは効果は薄い場合もあります。

正しい使い方を知っておきましょう。

日焼け止めは適量使う

日焼け止めが少なすぎると、ムラになって塗れてない箇所が出てきます。

ケチらず、適量を使うようにしましょう。

目安は、顔の場合で500円玉サイズが適量です。

半分の量を2回に分けて重ね塗りするときれいに塗ることができます。

日焼け止めは塗りなおすこと

屋外にいる場合、日焼け止めを2.3時間おきに塗りなおすようにしましょう。

はじめにきちんと塗っていても、汗などと一緒に落ちていきます。

ウォータープルーフタイプであっても、多少は落ちていまう。

必ず塗り直しをすることをおすすめします。

まとめ

日焼けのアフターケアについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

楽しい夏のレジャーには日焼けはつきものです。

ひどい日焼けでつらい思い出にならないようにしたいものですね。

日焼け対策や、日焼け後のケアをばっちりして、思いっきり夏を楽しみましょう。

 

 

スポンサードリンク