紫外線による「日光アレルギー」に注意!

最近急に目の周りが赤くかゆくなってきました。

生活が大きく変わったわけでもなく、化粧品を変えたわけでも無いのに何故…?

調べてみると、どうやら「日光アレルギー」の疑いがありそうです(@_@;)

暑くなってくるこの季節に急増するのが「日光アレルギー」なんだそうです。

外にいたら、顔が赤くかゆくなってきた…

日光に当たったら、腕が赤く腫れてきた…

という人も多いと思います。

それってもしかしたら「日光アレルギー」かも!

日光アレルギーの症状や対処法について調べてみました。

顔だけ発症する可能性も!日光アレルギーってどんな症状?

日光アレルギー(紫外線アレルギー)とは、いろんな不調が身体に表れます。

皮膚に現れる症状

・肌が赤くなって腫れる

・かゆみを生じる

・湿疹になる

・水泡

身体に現れる症状

・頭痛

・吐き気

・発熱

目に現れる症状

・外に出ると芽が充血する

・日光がまぶしくて涙が出る

・目の中がゴロゴロと違和感がある

日光アレルギーは顔だけに起こることもある

私もそうですが、日光アレルギーが顔だけに起こる人も多いんですって。

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤や、化粧品の成分が原因で起こる場合もあります。

アレルギー症状が顔だけに発症した際は、今使っている化粧品を見直す必要がありそうですね。

日光アレルギーはなぜ突然発症するの?

日光アレルギーは花粉症と同じように、身体に蓄積されていったものが一定の量を超えることで突然反応を起こすようになります。

なので、今までは何ともなくても、ある日突然に発症してしまうんです。

そして、一度発症してしまうと紫外線に当たる度に発症するのだとか…

本当に厄介なアレルギーですね^^;

日光アレルギーの対策方法は?

日光アレルギーは花粉症と一緒で一度現れたら、残念ながら完治するのは難しいと言われています。

ガーンllllll(-ω-;)llllll

ずっと上手に付き合っていくしかないのです。

ただ、予防や対策をすることで、症状を軽くさせることはできます。

まずは知識を身につけることが大切ですね。

日光アレルギーを予防する方法

なるべく紫外線を浴びないようにする必要があります。

・日焼け止めを忘れずに

・紫外線に当たらないように、袖の長い服を着る

・ツバの広い帽子を被る

・日傘を活用する

・UVカットのサングラスを利用する

・正午前後の外出はなるべく控える

最近は紫外線防止グッズが他にもたくさん登場しています。

大いに利用して紫外線からお肌を守りましょう。

かゆみが出たらどうしたらいい?

痒みがあるばあい、どうしても掻きたくなってしまいますよね…

かくと皮膚が傷ついたり、さらに痒みが悪化することもあります。

かゆみが治まらない場合は、皮膚科に相談してみましょう。

紫外線に負けない体づくりを!

紫外線を浴びない対策も大事ですが、そもそも紫外線に負けない強い体づくりを心掛けることも大節です。

そこで大事なポイトをご紹介します。

食事を見直してみて!

炭水化物(ご飯やパンなど)、ビタミン(果物や緑黄色野菜)、タンパク質(肉・魚・豆類)をバランスよく摂ることを心がけましょう。

また、抗酸化作用の高い食べ物を日々の食事に取り入れると効果的です。

外で過ごす事が多くなった方や、紫外線を浴びる機会が増えた方には、特に積極的に摂った方がいいです。

【抗酸化作用のある栄養素】

・ビタミンC

緑黄色野菜、柑橘類、イチゴなどに多く含まれます。

短時間で尿と一緒に排出されてしまうので、一度に沢山摂るよりもこまめに摂り入れましょう。

・ビタミンE

卵、大豆、ゴマ、玄米、ナッツ類に多く含まれます。

肌のトラブルを防いで、老化防止にも効果的です。

・ビタミンA

人参、春菊などの緑黄色野菜に多く含まれます。

肌の健康を保つ効果があります。

・たんぱく質

肉、魚、豆類、卵に含まれます。

ビタミン類をいくら摂っても基礎となるタンパク質がなくては健康はお肌は出来ません。

毎食、たんぱく質を摂るように心がけましょう。

しっかり睡眠を取ること

睡眠をしっかりとって、ストレスを溜めこまない生活を心がけましょう。

しっかり睡眠を取ることで、身体の免疫力を高め、紫外線アレルギー予防に有効です。

まとめ

紫外線は、日常生活を送る上では避けられません。

花粉症は季節的なものですが、日光は年中あるものですから、ひどい方は一年中悩まされる場合もあります。

アレルギーにならないのが一番ですが、なってしまったら紫外線対策や食事などの対策で、症状を緩和出来るよう心がけましょう。

一度発症したら治すのは難しいと言われていますが、対策を続けて完治したという人もいるようです。

あきらめず、予防・対策を続けることが大事ですね!

 

 

スポンサードリンク