夏場のお弁当対策してますか?

夏の暑い季節にお弁当を開いたら、いやーな匂いがしてきた…なんてことありませんか?

梅雨時期から夏にかけて、暑さと湿気でお弁当が傷みやすくなります。

夏場は暑さからお弁当を守るための工夫が必要です。

そこで、お弁当の傷みにくい工夫についてご紹介していきたいと思います。

夏でも傷みにくいおかずと対策方法

夏におすすめ!お弁当に入れても傷みにくい食材

食材には傷みやすいもの傷みにくいものがあります。

夏のお弁当にオススメの食材をご紹介します。

・梅干し

梅干しに含まれるクエン酸に、強い抗菌・殺菌作用があります。

また、胃腸の働きを助ける効果もあるので、夏のお弁当には是非入れたい一品です。

日の丸弁当のように一か所に置くんじゃなく、ご飯に混ぜこんだりして広い範囲に梅が行き渡る用にするのがベストです。

・お酢

お酢には、防腐効果や殺菌効果があります。

ご飯に混ぜこんだりすると効果的です。

・カレー粉

カレー粉の材料になる”ウコン”に防腐効果があります。

カレー粉は手軽に味付けとして使えるので便利ですね。

・しょうが

生姜には殺菌成分が含まれていて、更に食欲増進効果もあるので夏のお弁当におすすめです。

傷みやすい食材と混ぜると傷みにくくなります。

・大葉

大葉には強い抗菌作用、防腐効果があります。

また独特な香りが食欲を増進してくれるので、食欲が落ちやすい夏のお弁当におすすめです。

お弁当を傷みにくくするための工夫

お弁当は傷みにくいおかずを作る以外にも、傷みにくい環境をつくらない為の工夫が必要です。

・お弁当箱は殺菌消毒をする

お弁当の隅、パッキン、ふたの部分は洗い残しも多く、雑菌の住処になりやすい場所です。

熱湯消毒をしたり、お酢をキッチンペーパーに含ませて拭くのも効果ありです。
・おかずは冷ましてから詰め、ご飯が冷めてからフタをする

熱がこもって水分がお弁当につくのを防ぐため、冷ましてからふたをしましょう。
・冷凍食品は凍ったまま入れる

凍ったおかずが保冷剤代わりになるのでおすすめです。

しかし、解凍後は水分をたっぷり含んだ食材になり、菌が繁殖しやすくなります。

なるべく早めに食べるようにしましょう。
・おにぎりはラップに包んで握る

直接触れて雑菌が付くのを防ぐためです。
・なるべく涼しい場所に

日の当たる場所に置くのはNGです。

なるべく涼しいところに置いておくようにしましょう。

お弁当を守る便利なアイテム

夏の暑さからお弁当を守るためにこんなアイテムもあります。

・抗菌シート

最近はお弁当用の抗菌シートが売ってありますね。

使い捨てだしちょっと割高ですが、効果はあります。

運動会やレジャーなどのお弁当を食べるまでに時間がある場合におすすめです。
・保冷剤

食中毒になる菌は、10~60度位の温度で繁殖します。

保冷剤を入れて、温度を下げるのは効果的です。
・冷凍したカップゼリー

市販のカップゼリーを凍らせてお弁当箱に詰めるだけで、保冷剤代わりになります。

デザートにも保冷剤にもなる、一石二鳥のアイテムdす。
・ランチジャー

魔法瓶型のお弁当箱なので、高温状態のまま保存でき、菌が繁殖しません。

しかし、多くのランチジャーは保温効果は6時間くらいしかないので、それ以内に食べるようにしましょう。

夏場に注意すべきお弁当づくりのポイント

お弁当の傷みやすいおかずにはいいくつかの特徴があります。

お弁当を作る前に、NGポイントは抑えておきましょう。

未加熱のものは注意

お弁当の彩りの為にレタスやプチトマトを入れる方も多いと思います。

しかし生野菜は水分が出るのでおすすめ出来ません。

野菜でおかずの仕切りをしている人も多いと思いますが、

夏場はバランを利用した方がいいです。

また、もしプチトマトを入れる場合は、ヘタを取り水分はしっかりとって入れましょう。

ウインナー、ソーセージ、ちくわなども加熱が必要です。

”そのまま食べれる”という表示のあるものもありますが、一度加熱して入れましょう。

マヨネーズに注意

マヨネーズは食材にあえることで、水分が出やすくなります。

傷む要因になるので、注意しましょう。

マヨネーズを使った、タルタルソースも注意です。

もしマヨネーズを付けて食べたいおかずがあるのなら、小さな容器にいれて持っていきましょう。

完全に独立させておけば大丈夫です。

いも類は傷みやすい

ジャガイモは水分が多く、細菌の繁殖場所になってしまいます。

また、でんぷんを多く含んでいるため傷むのも早いのでおすすめ出来ません。

マヨネーズも要注意食材なので、ポテトサラダは避けたほうがいいですね!

水分が多いおかずは注意

汁気の多いおかずは腐りやすいのでNGです。

(例えば、おひたし、煮物、野菜炒めなど)

しかし、汁気がお弁当全体にに広がらないように、小麦粉でとろみを付け、アルミカップにいれておけば大丈夫です。

わかめや鰹節やなどまぶして水分を吸わせるという裏ワザもあります。

半熟卵に注意

卵は加熱がしっかりできてない場合、食中毒を起こしやすくなります。

半熟卵は避けましょう。

卵料理であれば、かた茹でのゆでたまごや卵焼きがおすすめです。

つくり置きのおかずは注意

前日に作ったおかずをお弁当に!

という方も多いと思いますが、そのままお弁当に入れるのはNGです。

必ず一度加熱しましょう。

また、自分で作ったおかずを冷凍させていた物は、加熱しても入れない方がいいです。

キャラ弁は傷みやすい

最近流行りのキャラ弁は、実は傷みやすいのであまりオススメ出来ません。

作る時手で触れることが多いからです。

キャラ弁を作る場合は、おにぎりを握る場合はラップでくるんで握るなど、直接触れない工夫が必要です。

まとめ

なつの傷みにくいお弁当のおかずについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

夏場のお弁当は油断するとすぐに傷んでしまいます。

楽しいはずのお弁当タイムが、食中毒で辛い思い出になるのは避けたいですね。

お弁当の傷み対策はちょっとした一手間でできます。

是非実行してみてください。

 

 

スポンサードリンク