海水浴を最大限に楽しむには持ち物が重要!

夏の楽しみといえば、海水浴!

海水浴のシーズンがやってきますね~!

大人になって海水浴を楽しむ機会も少なくなってきました。

しかし、せっかく行くなら万全の準備をして行きたいですよね。

海水浴を最大限に楽しむために、必要なもの、あると便利なものをまとめてみました。

ド定番!海水浴に必ず持っていくもの

まずは、海水浴に行くなら絶対に必要になるものをピックアップしてみます。

水着

泳ぐ人はこれがないと、はじまりませんね!

泳ぐ予定がない人も、一応は準備した方がいいです。

海水浴場で着替えが面倒な人は、服の下から着ていくと楽です。

着替え

水着を着て出かけると忘れがちなのが下着です。

更にTシャツなど着替え用に持っていくと、帰りに気持ち良く過ごせます。

バスタオル・ハンドタオル

バスタオル、ハンドタオル共に2枚ずつあったほうがいいです。

バスタオルは、”ビーチで使用する用”、”シャワー後に使用する用”に分けたほうが気持ちよく過ごせます。

ハンドタオルは何かと使う事が多いので、2枚はあると便利です。

日焼け止めクリーム

夏の海の紫外線はとんでもなく強いです。

直接浴びる以外にも、海や砂浜の反射もあります。

日焼け止めは必須ですよね!

しかし、いくら日焼け止めを塗っても多少は日焼けします。

日焼け後につけるボディーローションなどあると更に安心です。

レジャーシート

砂浜でゆっくり休んだりするなら、シートは絶対に必要です。

コレがなければテンションダダ下がり…。というくらい必須アイテムです。

サングラス・帽子

日差し、紫外線対策には必要です。

帽子はなるべくツバの大きい帽子がベストです。

麦わら帽子、チューリップハットなどがいいですね^^

ティッシュペーパー・ウエットティッシュ

食べこぼしを拭いたり、ティッシュは何かと必要になります。

また、トイレでトイレットペーパーが必要になることが多々あります。

ウエットティッシュもあると、汚れを取ったり手を拭いたりと何かと重宝します。

ビニール袋

ゴミ袋用、濡れた水着を入れる、使ったタオルを入れる、などなど何かと使う事が多いです。

ビーチに向かう途中でコンビニなどで買いものすると思いますが、そこでもらった袋は捨てずに取っておきましょう。

大きめのポリ袋も別に持ち物のひとつにしておいた方がいいですね。

小銭

海に行く時のおかねは小銭にしておいた方が便利です。

小銭しか使えないシャワーがありますし、小銭だったらビーチで濡れても大丈夫です。

なるべくお札は持たないようにした方が安心です。

海水浴にあると便利なもの

必須ではないけど、これを持っていくと便利!

というアイテムを集めてみました。

ジップロック

デジカメやスマホを入れる防水ケース代わりに便利です。

精密機器を海水から守る役目として便利です。

また、貴重品を入れて海の中に持ち込んでも大丈夫なので、盗難対策としても役立ちます。

クーラーボックス・保冷バッグ

暑いビーチで冷たい飲み物や食べ物が欲しくなりますよね。

クーラーボックスがあると快適なビーチタイムが過ごせますよ。

クーラーボックスはかさばるのがイヤな人は、保冷バッグだけでもあると重宝します。

最近は100円ショップなどでも売られていますよね。

大きめのサイズのものが一つあると便利ですよ。

絆創膏

案外多いのがビーチでのケガなんです。

開放的な海でテンションが上がって、切り傷を作ることも少なくありません。

そして意外と誰も持ってないのが、絆創膏なんです。

かさばる物でもありませんし、数枚準備しておきましょう。

旅行用の圧縮袋

海水浴の時って、結構な荷物になりますよね。

そんな時に便利なのが、圧縮袋なんです。

衣類やタオルはかさばるので圧縮袋を使うとバッグにスペースがかなり出来ます。

100円ショップでも売られているので、手軽に準備出来ますよ。

冷えピタシート

暑い海辺に冷たいシートが活躍します。

おでこや首の後ろなど貼っておくと気持ちいいですよ♪

熱中症対策にも持っていくと便利なアイテムです。

ただ、シートを貼った跡が日焼けしないように注意しないと恥ずかしい目にあってしまいますので注意です。笑

ビーチパラソル・ビーチテント

ビーチはあまり日陰がない場所が多いので、日よけの為にもビーチパラソルやビーチテントがあると快適です。

熱中症予防の為にも是非準備しておきたいアイテムです。

ビーチで貸出しもありますので、現地で借りるのもありですね。

水を入れたペットボトル

本格的に海水浴を楽しむ方は、ポリタンクなんかでお水を持っていく方もいますが、結構な荷物になりますよね。

そんな方は、2リットルのペットボトルに水を入れて持っていくと便利ですよ。

手についた砂を洗い流したり、これが案外役立つんです。

飲み水用ではないので、自宅の水道水を汲んでいくと費用もかかりません。

まとめ

海水浴を楽しむために必要な持ち物をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

せっかくの海水浴も、必要なものを準備してなかったりしてテンションがダウン…。

なんてことにならないように、持ち物は事前にチェックしておきましょう。

 

 

スポンサードリンク