目の疲れは簡単に取れる!

最近は、パソコンやタブレットなどが普及してきて、目が疲れやすい環境が増えました。

目が疲れる…とう人も多いと思います。

そんな目の疲労、ため込んでいませんか?

簡単に自宅でできる方法で目の疲れを解消しましょう。

目の疲れは早めに解消するべき!

目が疲れる原因は何?

目が疲れてしまう主な原因は、目の筋肉の疲労です。

近くのものをずっと見ていると、ピントを合わせようと目のレンズの厚さを調整します。

その時に筋肉が使われています。

近くのものを長時間見ていると、筋肉が凝り固まってしまいます。

それが、疲れ目になるんです。

最近は、パソコン、スマホ、タブレットなど近くのものを見る機会が爆発的に増えてます。

なので、目の疲れを感じる人がかなり多くなっています。

目の疲れがたまるとどうなるの?

目が疲れたと感じると、同時に

・頭がぼーっとする

・頭が重い

・目の奥が痛い

・肩がこる

などの症状が出る人も多いのではないでしょうか。

このような症状を日常的に引き起こすようになると、日常生活にも支障をきたすようになりますよね。

「疲れ目くらいそのうち治る」と軽く考えてはいけません。

目の疲れは重症な症状を引き起こす原因になることもあるのです。

目の疲れを放置すると…

目の疲れの原因を改善しないと、様々な症状を引き起こすことがあります。

代表的なのが「ドライアイ」

ドライアイは涙液の分泌量が不足し目の表面が乾きやすくなります。

目の乾燥から角膜や結膜に障害を起こしてしまいす。

こんな場合は、ドライアイになっている可能性があります。

・目がすぐ乾く

・目がゴロゴロする

・目が重く感じる

・充血しやすい

・視力が落ちる

・光がまぶしい

このような症状を起こしていたら、早目に眼科医の診察を受けましょう。

簡単に目の疲れを取る方法

目の疲れに効くツボを刺激する

簡単で効率がいいのが、つぼマッサージです。

目疲れのツボをマッサージすることによって目の疲労を解消することができます。

1.さんちく

眉毛の頭(鼻側の方)にあるツボ。

2.せいめい

鼻のつけ根(目の内側)にあるツボ。

3.しょうきゅう

目の真ん中から下に降りた下まぶたの上にあるツボ。

4.たいよう

コメカミのくぼみの前端にあるツボ。

5.しちくくう

眉尻(眉毛の外側)にあるツボ。

6.ぎょよう

眉毛の真ん中にあるツボ。

6つのツボ全て眼精疲労に効果があります。

【ツボ押しの方法】

指の腹で5~6回優しく押してあげます。

全て3セットずつくらいやると楽になります。

目の体操で疲れ軽減

パソコン仕事などで目が疲れた際にできる簡単な「目の体操」です。

【目の体操の方法】

1.目をギュッと閉じて5秒間キープ。5秒経ったらパッと開ける。

2.頭は動かさないように目だけ上を向いて5秒キープ。

3.2と逆に頭を動かさず目だけ下を向いて5秒キープ。

4.頭は動かさないように右を向いて5秒キープ。

5.目だけ左をむいて5秒キープ。

6.時計回り、反時計回りに目だけをクルクル回す。

顔は正面に向けたまま、動かすのは視線だけです。

この体操を3セット行いましょう。

ショボショボ目は温める

目がショボショボするときは、血行不良になっている状態です。

温めると目の周りの血管が広がって血行が良くなります。

レンジでチンした蒸しタオルなどで数分温めるとリラックスできます。

充血目は冷やす

目が疲れていて充血している時は冷やすといいでしょう。

充血は目に炎症が起きているということです。

なので冷やすことで目の炎症を抑えることができます。

氷水で絞ったタオルで目を覆うようにパックしましょう。

氷水がない場合は、水で濡らし、絞ったタオルを冷蔵庫で冷やしてパックしましょう。

遠くを見てピントを緩める

近くばかり見てると、目の筋肉が凝り固まってしまいます。

なので、スマホやパソコンなど長時間近くを見る場合は、短時間でいいので合間に遠くを見るようにしましょう。

合間に、3~5秒ほどでOKです。

遠すぎもあまり意味がないので、自分の視力で見えるある程度ぼやけずに見えるところを

見るようにしましょう。

睡眠をしっかりとる

就寝している時は目の筋肉がリラックスした状態になるので眼精疲労が改善されます。

しかし、睡眠時間が極端に短いと目の疲労を取り除くことができないので起きても目に疲れが溜まったままになります。

目の疲れをとるには、最低でも6時間以上の睡眠が必要とされています。

できるだけ早めに寝るようにしましょう。

疲れない目を作るには?

目の疲れを取ることも大事ですが、”疲れにくい目を作る”ことも大事です。

環境を整える

パソコンの画面を見るときは、自分の目線が下に向くくらいがベストです。

椅子や画面の高さを調整しましょう。

視線を下に向ければ目を大きく開かなくてもいいので、ドライアイや疲労を防ぐこともできます。

また、画面の明るさは部屋の明るさと同じくらいが理想です。

目自体が明るさを調整しなくていいので、負担を減らせます。

目がすぐに疲れてしまう人は、一度今の作業環境を見直してみましょう。

目にいい栄養を摂る

体の内側から健康的な目を作ることも大です。

目に良い栄養素は

ビタミンC:目をリフレッシュさせてくれる栄養素

(いちご、みかん、キウイ、ブロッコリー、小松菜、アセロラなど)

アントシアニン:疲れ目の他にも夜盲症、網膜炎などにも効果のある栄養素

(ブルーベリー、アサイー、ビルベリー)

その他:眼精疲労、疲労回復、肩こり、などに効果のある栄養素

(ニンニク)

日常的にバランスの良い食事を、取ることはなかなか難しいですが、少しずつ意識して栄養を摂取しましょう。

まとめ

目の疲れ解消方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

思いついたときに気軽に行うことができる方法がたくさんありますので、ぜひお試しください♪

最近は、スマホやパソコンなど目を疲れさせる環境が多いですが、効果的に目の疲れを解消して、快適な近代生活を送りましょう。

 

 

スポンサードリンク