熱中症対策は飲み物でできる?

暑い日が続くようになりましたね。

暑い季節に気になるのが「熱中症」です。

近年は最高気温の記録も更新し、熱中症の症状を訴える人も増えてきているようです。

そんな熱中症対策には、飲み物に気を付けてみてください^^

熱中症はなぜ起こる?症状は?

熱中症対策を行う前に、熱中症の原因や症状について知っておきましょう。

熱中症の原因

気温が高い状態が続くと発汗して体温を調節しようとします。

その汗には水分だけでなく、ナトリウム、カリウムなどのイオンも含まれています。

汗をかくことによってイオンを大量に失うと、体内環境が乱れて、筋肉、血流、神経など体のいろんなところに影響を及ぼします。

こんな気象条件、体調が重なると熱中症になりやすいので要注意です。

【こんな気候は熱中症になりやすい】

・気温が高い

・風が吹いてない

・日差しが強い

・湿度が高い

【こんな体調の時は要注意】

・疲れがたまっている

・睡眠不足k

・病中病後で体力が低下している

熱中症になるとどんな症状になるの?

熱中症の症状は3段階あります。

① めまい、立ちくらみ、大量の汗が出る、筋肉の硬直や痛み

② 頭痛、吐き気、嘔吐、体に力が入らない

③ 身体全体が熱を帯びる、意識がなくなる、手足の麻痺、まっすぐ歩けない

3の状態になるととっても危険です。

即救急車を呼んで病院を受診してください。

熱中症対策にお勧めのドリンクは?

重症にはならなくとも①②段階程度の症状の経験がる方も多いと思います。

一度症状が出ると回復に時間がかかってしまいます。

そうならないように、熱中症対策をしましょう。

熱中症対策に効果的な飲み物はこれ!

【水】

一番手に入りやすいのは水でしょう。

のどが渇いたときの冷たい水はすごくおいしいですよね。

しかし、体にいいのは5~15度です。

体への吸収がよく、体の熱を取るのにちょうどいい温度です。

【麦茶】

麦茶は、カフェインがなく水分補給に適しています。

麦茶の中でもミネラル入りの麦茶がベストです。

【牛乳】

牛乳には体温調節を促す成分が入っています。

熱中症予防にいい飲み物ではありますが、日本人の体質は下痢の危険性があるので飲みすぎは注意です。

【スポーツドリンク】

熱中症予防でなく、熱中症の症状がでたときにも効果あります。

市販のものそのままでは甘すぎるので、2倍くらいに水で薄めたものを冷やさず飲むのがベスト!

普段飲みすぎると、糖分や塩分の取りすぎになるので注意しましょう。

熱中症におすすめできない飲み物は?

熱中症によくない飲み物ももちろんあります。

・コーヒー

・濃い緑茶

・お酒

コーヒーや濃い緑茶に含まれるカフェインは利尿作用があります。

カフェインは体内から水分を排出してしまうので、いくら水分といえども熱中症対策になりません。

また、熱中症予防にお酒を飲む人はいないと思いますが、

暑い海辺でビールを!なんて人は多いと思います。

これは危険です!

水分補給のベストなタイミングとは?

スポーツや肉体労働、レジャーなどたくさん汗をかく場合は15~30分おきに水分補給しましょう。

汗をかく状態が長時間続く場合は、10分おきくらいに水分補給するのが理想です。

のどが渇く前に飲む

人間はのどの渇きを感じる感覚が鈍いです。

なので、のどが渇いたと感じたときにはすでに軽い脱水症状にあります。

のどが渇く前に飲む!という事を心がけておきましょう。

一気飲みをしない

一気にたくさんの水分を取ると胃に大きな負担がかかります。

消化にも負担がかかって腸での吸収が鈍くなります。

一度に飲む量はコップ1~2杯程度がベストです。

冷やしすぎはNG

冷えた飲み物は胃腸が冷え体調不良や食欲不振になることがあります。

飲み物は5~15度くらいが一番吸収がいい温度です。

常温より少し冷えたくらいにしておきましょう。

熱中症対策に手作りドリンクを!

熱中症対策に良いドリンクは簡単に手作りできます。

材料は家にあるものや手に入りやすいものばかりなので手軽にチャレンジできますよ!

手作りスポーツドリンク

【材料】
水    1リットル
塩    3g
レモン汁 大さじ3
ハチミツ 大さじ3~4

【作り方】
①材料をすべて混ぜ合わせる

②空のペットボトルなどに入れ冷蔵庫で冷やす。

 

手作りの経口補水液

【材料】
水  1リットル
塩  3g
砂糖 40g

【作り方】
材料をよく混ぜ合わせたら出来上がり。

お好みでレモン汁を入れてもいいです。

手作りドリンクの注意点

手作りドリンクはに持ちしないので、冷蔵庫に保存して早めに飲み切るようにしましょう。

また、持ち運ぶ際は、保冷のできる水筒に入れるのがベスト!

そして、手作りドリンクは一気にごくごく飲むのではなく、少しずつ飲みましょう。

コップ1杯を30分かけて飲むくらいがベストです。

まとめ

熱中症対策に効果的なドリンクをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

日常生活の中でおこりうる”熱中症”。

一度症状が出てしまったら、仕事やレジャーどころではなくなります。

快適な夏を過ごせるために、普段から水分補給を気がけていきましょう♪

 

 

スポンサードリンク