お中元の基本マナー知っていますか?

毎年悩みの種なのが『お中元』。

最近は、お中元の習慣が下火になりつつあるようです。

しかし、それでもまだまだお中元の品を送る方は多いです。

自分自身も贈る立場になってきて、そういえばマナーを知らないな…

なんて方も多いのではないでしょうか?

そこで、お中元を贈る時期、相場金額などについてのマナーなどをまとめてみました。

 

お中元を贈る時期はいつからいつまで?

お中元時期は地域で違う

お中元は、地域で時期が異なります。

大きく分けると、

東日本…7月初旬~7月15日まで

西日本…8月1日~15日まで

とされています。

東日本の人は新暦で考え、西日本の人は旧暦を基準にしているからだそうです。

7月中旬が一般的

地域でお中元の時期が違いますが、最近では地方関係なく、7月中旬まで贈るのが一般的になっているようです。

正しい時期にお贈りする場内は、贈り先の地域を考慮しなくてはいけませんね。

もし時期を過ぎてしまったら?

もし時期を逃してしまっても、立秋(8/7)までは「暑中御見舞」として贈りましょう。

それを過ぎると「残暑御見舞」として贈ることは出来ます。

しかし、お中元時期に間に合うに越したことはありません。

6月下旬ころまでには準備をするようにしましょう。

 

金額相場について

一般的な金額相場は?

お中元の金額相場は、一般的には3,000円~5,000円程度が妥当です。

お中元コーナーでもそれくらいの金額の商品が多いですよね。

金額はお世話になった度合いによって変えましょう。

親戚…3,000円程度

会社の上司…5,000円程度

特別お世話になった方…5,000円~10,000円程度

ただ、あまり高価なものを贈ると、相手の負担にもなるので気をつけましょう。

毎年贈る方は金額を決めておくべき

お中元は毎年継続して贈るものなので、贈る物の金額は大体同じくらいにしておくことをお勧めします。

無理して奮発してしまって、翌年明らかに金額が下がったと分かるのも失礼です。

無理のない予算で選びましょう。

 

お中元のマナーや注意すること

政治家や公務員に贈るのはNG

公務員は利害関係者から贈り物を受け取ることが禁止されています。

たとえ利害関係者でなくても、外から見た場合、本当に利害関係がないという判断は難しです。

発覚した場合贈った自分だけでなく、受け取った相手にも迷惑をかけてしまう事になるので注意しましょう。

送りっ放しにしない

最も礼を尽くしたお中元の贈り方は、直接玄関先までお届けする事です。

そうもいかないという場合、最近ではネットショッピングで手配される方も多いと思います。

そういった場合でも可能な限り、お手紙やメッセージを同梱してもらうように手配しましょう。

それが叶わない場合は、商品が届く前にお手紙やお電話でお知らせする事が最低限のマナーです。

もらいっぱなしもNG

お中元の貰いっぱなしもマナー違反です。

宅配便やなどで受けっ取った場合は、無事受け取ったという旨を相手に伝えましょう。

電話でもいいですし、お礼状を出すと丁寧ですね^^

喪中には配慮する

相手が喪中の場合でもお中元を贈ることは出来ます。

しかし、四十九日を過ぎていない場合は、時期を遅らせて「暑中見舞」「忌中御見舞」で贈るようにしましょう。

好き嫌いを把握しておくこと

「コーヒーが苦手な人に、コーヒーの詰め合わせを贈った」

「アレルギーのある人に、乳製品や小麦製品を贈った」

などはよくある落とし穴です。

お中元は気持ちなので、もらった側もそう悪い印象にはならないと思いますが、

好き嫌いやアレルギーなどはしっかり把握しておくようにしましょう。

継続して贈ること

お中元、お歳暮は継続的に贈る贈答品です。

一度限り贈るのは、失礼になります。

一度限りで贈る場合は、表書きを「お礼」「無地のし」として贈りるようにしましょう。

年に1度だけ感謝の気持ちを贈りたい場合は、「お歳暮」や「お年賀」1回にしたほうがいいです。

相手の情報を更新しているか?

先方の住所、会社であれば担当者など、変わっていないかどうか最新の情報を把握しておきましょう。

担当者が変わっているのに、前の担当者の名前で贈るのは、失礼になります。

また住所が変わって贈れず、商品が手元に戻ってきた場合せっかくの手配が無駄になります。

贈り先の情報は、変わる可能性があることを頭においておきましょう。

 

お中元選びのポイント

家族構成を考える

個人宅の場合、相手の家族構成を考えるのは大事なポイントです。

子供がいる家庭にはお菓子やジュースだったり、大家族の場合はみんなで分けやすいもの。

ご主人がお酒好きならお酒を贈るなど…

相手のニーズに応えてあげると喜ばれます。

季節感のあるもの

暑い夏にぴったりなビールや清涼飲料水、旬なフルーツなど、時期を考えて贈るとよさそうです。

特産品を贈る

自分の住む地域の特産品などを贈るのもひとつの手ですd(*^ω^*)

地元の銘菓、その地域でしか手に入らない珍しい食べ物など、他の人とも被りにくくておすすめです。

保存が効くもの

お中元の時期は、夏休みとも重なり、長期留守にする家庭も多いです。

生鮮食品や生モノを贈る場合は、そういった部分も考慮しなくてはいけませんね。

なるべく日持ちする品物を選んだ方が無難です。

 

まとめ

お中元のマナーについていかがでしたか?

意外と知らない事も多かったのではないでしょうか?

個人であれビジネスであれ今後も良い関係を築いていくためには、しっかりマナーを把握しておきましょう!

 

 

スポンサードリンク