5月病対策は食事で解決!

新生活が始まる季節ですね。

転職、転勤、部署移動など、新しい生活や職場での新しい仕事が始まるという方も多いのかなと思います。

新しい生活が始まったすぐは、必至で心に余裕がないかもしれませんが、

1ヶ月くらいたって少し心に余裕が出てきたころから、大きなストレスを感じ始める人が多いんですよね。

暖かく過ごしやすい季節なのに、気持ちが憂鬱になったり不安をになったり…

最近はそんな”5月病”に悩まされる人が増えているようです。

憂うつな気持ちがある時、食事にちょっとしたことを意識するだけで、スッキリした気分になることができるんですよ!

 

5月病対策のカギは「セロトニン」

五月病の原因は色々ありますが、「セロトニン」という物質の減少が一番大きいようです。

「セロトニン」とは神経伝達物質のことで、精神を安定させる作用があります。

セロトニンが不足すると気分が落ち込んだり、眠れなかったり、ひどい時は”うつ病”につながるともいわれています。

5月病を解消するには「セロトニン」を分泌しやすくする必要があります。

そのために、必要な栄養素をご紹介します。

トリプトファン

アミノ酸の一種で、セロトニンの物質の材料になります。

ストレスや疲労回復に効果があり、眠りの質がよくない方にもおすすめの成分です。

【トリプトファンが摂取できる食べ物】

肉、魚、卵、大豆食品(豆腐、豆乳など)

ビタミンB6

タンパク質の代謝、神経伝達に役立ちます。

ビタミンB6が不足してしまうと、中枢神経が興奮してしうので、バランスよく摂取して行くことが大事です。

【ビタミンB6が含まれる食べ物】

レバー、まぐろ、かつお、にんにくなど

ナイアシン(ビタミンB3)

血行を改善して脳神経の働きをよくする、働きがあります。

また、糖質や脂質をエネルギーに変えてくれます。

不足すると食欲不振になったり、倦怠感を感じるようになるのでしっかり摂取しましょう。

【ビタミンB3が含まれる食べ物】

レバー、魚、肉、たらこなど

マグネシウム

代謝に関わる酵素の手助けや、精神の活動に欠かせない栄養素です。

マグネシウムが不足すると、うつの症状を感じたり、や疲れやすくなります。

5月病の予防には欠かせない栄養素です。

【マグネシウムが含まれる食べ物】

海藻、魚、大豆食品(豆腐、豆乳など)

 

5月病対策の為の食事のコツ

無理して摂取しないこと

5月病対策の為には、必要な栄養素をバランスよく摂ること。

とはいえ、休息の時間や睡眠時間を削ってまで「一汁三菜」みたいなバランスのいい食事を無理にする必要はありません。

無理してそれがストレスになっては逆効果ですからね…

まずは、「出来る範囲でバランスのいい食事を心がけること」が大事です。

意識すればバランスのいい食事はそう難しくはないんですよ。

例えば、時間がない中で自炊する場合は、

・野菜たっぷりのスープ

・具材たっぷりのポトフ

・野菜や肉がたくさんの焼きそば

など簡単に作れる物はあります。

コンビニに頼る場合でも、野菜サラダや納豆、卵料理など選ぶようにする。

それだけでも栄養素的にはだいぶ改善されていきます。

朝ごはんが大事

朝ご飯を食べることで脳を拡散させ、セロトニンを効率よく分泌させる土台が出来ます。

なので、朝起きてからの食事が一番大事なんです。

朝はバタバタしてしまう人も多いと思います。

そんな人は、

・ヨーグルトを食べる

・バナナ1本を食べる

・牛乳を飲む

これだけでも良いのだそうです。

ほんの数分でも、朝ご飯の為に時間を使ってみてください。

しっかり噛むメニューを考える

噛むことも、セロトニンを脳に分泌させる効果があります。

なるべく噛みごたえのあるものを食べるとより効果的です。

毎日ではなくても、

・ご飯は白米より、玄米にする

・パンならフランスパンやライ麦パンなどにする

など、選ぶと良さそうですね。

誰かと一緒に食事をする

セロトニンの分泌を促すには、人との関わりも大事なんです。

誰かと一緒に食事するとトークを楽しめるし、一人の時に比べしっかりしたメニューの食事になると思います。

1人暮らしの人は、積極的に誰かとご飯を食べるようにするべきです。

定期的にご飯に友人を招いてみたり、外食したり、誰かと一緒に食事する機会を作りましょう。

 

まとめ

5月病の対策方法は食生活だけではありませんが、

食事に気を使う事で栄養バランスがとれ、ハツラツ生活が送れます。

また、5月病だけでなく、病気になりにくい強い心身を作ることにもつながりますし

お肌の調子にも良い変化が見えてくるはずです。

習慣づいた食生活はなかなか簡単には、矯正出来ません。

スローペースでOK!

少しずつ現在の食生活を軌道修正させていきましょう。

5月病を乗り切って、元気に毎日を過ごしたいですね♪

 

 

スポンサードリンク