地震の備えは万全ですか?

災害時の備えは出来ていますか?

私自身備えをしていない状態で被災し、かなり不便な思いをしました。

経験して感じた、避難時に必要な物をまとめてみました。

地震の避難用に最低限備えておきたいもの

備えは1次2次に分けて!

避難時に持ち出すものは、1次2次と分けて準備しておいた方が安全で合理的なんです。

地震が起きたらまず、身の安全を確保することが優先です。

たくさんの重たい荷物を抱えて逃げるわけにもいかないので、

1次持ち出し品 ⇒ 避難時に最低限必要なもの

2次持ち出し品 ⇒ 避難時の生活を確保するためのもの

このように、2段階に分けて準備する事をおすすめします。

1次持ち出し用

とりあえずその場から最低限持ち出して、安全を確保するまでに使う持ち物です。

最初の1日をしのぐための持ち物をリュックなどにまとめて、玄関近くに備えておきましょう。

・水
1人1リットル~2リットルはあった方がいいです。

・1日分の食料
簡単に食べれるもの(保存のきくパンや缶詰など)

・ヘルメットまたは、防災ずきん
ヘルメットの方が安全です。

・簡単な救急用品
持病がある人は緊急用の持病薬を準備しておきましょう。

・携帯ラジオ
懐中電灯付きの回すと発電するものが便利です。

・ライター
チャッカマンなどでもOK。マッチは少々使い勝手が悪いです。

・軍手
瓦礫や割れたガラスなどの撤去に役立ちます

・筆記具
伝言を残したい場合や、情報を書き留めておくのに便利です。

・ポリ袋
大中小のサイズ違いで準備しておくと便利です。

・タオル
体をふく、止血など使い道はいろいろです。

・トイレットペーパーやティシュペーパー
いろんな使い道があります。必須のアイテムです。

・衛生用品
生理用品、赤ちゃんがいる場合はおむつや粉ミルクなども必要です。

・現金
公衆電話を使用する必要があるかもしれないので、小銭も準備しておきましょう。

・マスク
避難時のほこりやガス漏れ時などに利用できます。

・充電器
情報収集などスマホに頼りすぎて、あっという間にバッテリー切れになります。
予備バッテリーを準備しておきましょう。
※持ち出し用のバッグは、肩掛けタイプより、リュックの方が両手も空き身動きがとりやすいです。

2次持出し用

避難したあと安全が確認でき一時的に自宅に戻ったときに避難所へ持ち出す品です。

救援物資など届くまでに生活を確保するために必要です。

・水
人数×2リットルを7日間分。

・保存食
7日しのげる分の食料。
エネルギー源になる炭水化物のものが理想です。

・貴重品
通帳、印鑑、現金、保険証など。

・カセットコンロなどの携帯コンロ
予備のガスボンベも多めにあると安心です。

・食器類
使い捨て用の皿やコップが少し多めにあると安心です。

・毛布や布団
避難所等で配布されますが、数に限りがあり手に入らない場合も多いです。
寝袋もおすすすめです。

・衣類
下着や靴下、防寒具を準備しておきましょう。

・ポリタンク、バケツ
給水時などに、水を溜められるものがあると便利です。
※1次避難用に比べ量が多くなるので、持ち運びが大変です。
スーツケースやキャリーバッグに入れて保管しておくと移動しやすいです。

一番必要なものは水!

避難時に一番必要になるのが『水』です。

・飲む

・洗う

・ご飯を炊く

水は色んなことに利用します。

他のグッズは、無くても何とかしのげるかもしれません。

しかし水は何が何でも必要です。

地震では断水することも多く、入手が難しくなります。

水は重いのが欠点ですが、そこは仕方ありません。

持ち出せるよう備えておきましょう。

 

こんな備えもあれば便利です。

常に持ち歩きたいもの

地震は、持ち出し品を準備している自宅にいるときに起こるとは限りません。

通学・通勤中、帰宅途中などで地震にあってもおかしくありませんよね。

そんなときの為に携帯しておくと便利なものをリストアップしてみます。

・飲料水(500mlペットボトル)

・食料(あめ、ガム、栄養補助食品など)

・ハンカチ、ハンドタオル

・マスク

・常備薬

・携帯用予備バッテリー

・筆記用具

・保温グッズ

・10円玉

・生理用品

・めがね(コンタクトレンズ利用者)

避難所で役に立ったグッズ

基本的な準備物以外に、避難所で役に立つ道具をご紹介します。

・簡易トイレ

地震の際は断水により水洗式のトイレは水が流れません。
便器に大便がいっぱいに溜まってたり、屋外の土を掘って用を足したり、災害時のトイレ事情は悲惨なものです。
仮設トイレが建てられるものの、数日かかることがあります。
仮設トイレが準備されても長蛇の列にもなります。
そんな時の為に、簡易トイレは非常に役立ちます!

・耳栓、アイマスク

避難所では就寝時間になってもスマホをいじってる人がいます。
スマホから漏れてる光は脳を覚醒させる作用があるので、眠りにつけなくなります。
また、話し声も多いです。
マナーの悪い人は避難所でも必ずいます。
そんな時は、アイマスクや耳栓が役立ちますよ!

・段ボール

避難所は学校の体育館だったり、冷たい床などで数日過ごさなければいけないことも多いです。
そんな時段ボールを床に敷いておけば、保温効果やクッションの役割もあり快適になります。
お隣さんとの境界線として仕切りに利用したり、組み立ててテーブル代わりにしたりもできます。
あると何かと役立つアイテムですよ。

・サランラップ

災害時は生活用水が不足します。
食器など洗ってられません。
食器にラップを巻いて使えば、使用後はラップを外して捨てるだけなので便利です。
また、怪我をした時の止血効果と回復を高める効果もあります。
ラップ1つあるだけで色んな場面で重宝しますよ!

・ウェットティッシュ

お水が不足して手洗いもままならない状態が続きます。
ウエットティッシュがあると、手拭き、体拭きが出来るのでかなり役立ちます。

・キャンプ道具

テント、コンロ、ライトなど一式揃えて置くとかなり重宝します。
避難所でも実際にテントを立てたり、コンロを使って調理したりしている人は多いです。
決まったシーズンしか使わない道具ですが、災害時の為に取りだしやすいところに保管しておいた方がいいですね。

 

自分の身は自分で守る!

災害時は国や県などからの支援や協力があります。

しかし、まずは自分で避難しないといけませんし、支援物資もすぐには届きません。

まずは自分の身は自分で守る準備をしておきましょう。

また、定期的にチェックや補充など行う事も忘れずに!

 

 

スポンサードリンク