雨の日の洗濯物干しにはコツがある!

雨の日の洗濯物ってなかなか乾かなくて困りますよね~(>_<)

洗濯物がなかなか乾かないと、生乾きの臭いもきついですよね…。

雨の日はただでさえ気持ちが沈みがちなうえに、着ている服から生乾きのイヤ~な臭いがしてきた日には、テンションダダ下がりです…

臭わず素早く乾かす方法はないものか!?

そう思っている人もきっと多いでしょう。

雨の日の洗濯はちょっとしたコツで乾きやすくなるんですd(-ω・。)

雨の日に洗濯物を臭わず乾燥させるテクニックをまとめてみました。

 

雨の日は洗濯物の干し方に工夫を!

なかなか乾かない雨の日の洗濯物は、ちょとしたした「ひと手間」で悩みが解決出来ます。

洗濯ものを早く乾かすコツをご紹介していきたいと思います。

扇風機と除湿機の合わせ技

扇風機と除湿機を一緒に使うと早く乾きます。

とにかく風を起こして空気を通すことが早道です。

扇風機の代わりにサーキュレーターでもOK。

除湿機の代わりにエアコンの除湿機能でもOK。

部屋のドアは閉めておいた方が効果が上がります。

もう1回脱水する

洗濯が終了したら、そのままもう1回脱水のみ行います。

極力水分を飛ばすことで、乾きも早くなります。

また、脱水の時にバスタオルを一緒に入れることで洗濯物の水分がかなり抜けます。

服を裏返しにして干す

洋服を干すとき、裏返しにして干します。

洋服の縫い目など生地が重なり合って乾きにくいので、表に出すことで乾きやすくなります。

洗濯機に入れるときに裏返しにしててもいいです。

ハンガーの間隔を空ける

干す時に洗濯物の間隔を開けたほうが空気の通りが良くなって乾きやすくなります。

5cm以上間隔をあけて干すこと!

太めのハンガーを使う

太めのハンガーを使うと服の内部に空間が出来、乾きやすくなります。

針金ハンガーなんかは、細いので生地がペタっとくっついてしまって乾きにくいです。

乾きにくいパンツ類は、筒状になるように干すといいようです。

丈が長いものと短いものを交互に干す

洗濯ものを干す際、丈が長いもの、短いものと交互に干すことで、中に空間が出来ます。

隙間ができると風も通りやすくなるので早く乾かすことが出来ます。

 

雨の日は洗濯ものを干す場所も考えて

雨の日の洗濯ものは、干す場所によっても乾くスピードがずいぶん違うようですよ!

洗濯ものが乾きやすい場所をご紹介します。

お風呂場が乾きやすい!

家の中でどこが一番乾きやすいのかというと…

なんと『お風呂場』!!

お風呂場は湿気が多いイメージがありますが、湿気が多い分、湿気が逃げやす構造なんだそうです。

なので、お風呂場の換気扇を回しながら洗濯ものを干すと乾きやすいんですって^^

部屋に干すなら扉側に!

部屋干しするなら日の当たる窓際に干してしまう人も多いんじゃないでしょうか?

実は、梅雨の時期の窓際なんかは逆に湿気が多くなっているそうです。
これは驚きの事実でした!

部屋に干す際は、扉周辺が風通りがいいので早く乾くようです。

雨の日でも外干し方がよく乾く?

雨の日は日光も当たらないし湿度も高いから外干しでは乾かない、と思っていませんか?

雨が降り込んでこない場合に限りますが、実は、ある程度までは外干しの方が早く乾くんです。

ただ、湿度は高いので完全には乾きません。

ちょっと面倒ですが、ある程度まで乾いたら、後は部屋干しに切り換えるのがベストですね。

そのまま外干しにすると、生乾きになっちゃうので注意ですよ(*´・ω・)b

 

雨の日の生乾きのニオイを防ぐために

雨の日の洗濯物の悩みは、なかなか乾かないことによる生乾きの臭いですよね…

なるべく早く乾かす事も大事ですが、ひと工夫で臭いを軽減することもできます。

酸素系漂白剤で臭い対策!

洗濯時に”酸素系漂白剤”を使用すると、臭いの原因になるバイ菌の繁殖が防げます。

使い方は、洗濯時に洗濯用洗剤と一緒に入れるだけです。

”漂白剤=色落ちしする”と誤解される方も多いと思いますが、それは誤解です。

それはキッチンハイターなどの、塩素系漂白剤の方です。

酵素系漂白剤は色柄ものに使えるのでご安心を♪

定期的に洗濯層を洗浄

洗濯物のニオイの原因は、洗濯層の汚れが原因になる場合も多いです。

洗濯層の裏側には、洗剤の残りカスやカビ等が付着しています。

それが洗濯物に移ることで臭くなるんです。

そんなニオイの対処法は「洗濯層の洗浄」です。

”酸素系漂白剤”を使っての洗浄はビックリするくらい汚れがとれます。

【洗濯機の洗浄方法】

① 45~50℃程度のお湯を高水位まで溜める。(お風呂の残り湯でもOK)

② お湯が溜まった洗濯層に、酸素系漂白剤を入れる。

③ 洗いコースで洗濯気を4~5分回す。

④ そのまま一晩放置する。

⑤ お風呂用ネットなどでゴミをすくって5分ほど洗濯機を回して水を捨てる。

⑥ きれいなお水で1コース回す。

放置の時間はかかりますが、手間はかかりませんのでお勧めの洗浄方法です。

④の放置後の洗濯層の中は、剥がれ落ちたカビ汚れがプカプカと浮いていてすごい衝撃的ですΣ(´ω`ノ)ノ

こんな汚れの中で洗濯物を洗っているかと思うと、ゾッっとしますよね…

2.3ヶ月に1回のサイクルで洗浄するといいそうですよd(-ω・。)

 

ひと手間加えて雨の日の洗濯を乗り切ろう♪

憂鬱な雨の日の洗濯も、ちょっとした「ひと手間」で悩みを解決する近道となります。

雨の日に限らず、普段の洗濯物干しの際にも活用できる方法ですよねd(*゚∀゚*)

ぜひ活用してみてくださいね♪

 

 

スポンサードリンク