妊婦さんはカフェイン控えるべき!?

「妊娠中はカフェインを含んだ飲み物は控えるべき。」

そう聞いたことはありませんか?

妊娠中は栄養がそのまま赤ちゃんに届くと思うと、口にするものは敏感になってしまいますよね。

実は妹が妊娠中で大好きだったコーヒーを控えてるんです。

我慢している妹を前に、一緒にいる時はこちらも気を使ってしまいます^^;

妊娠中だとはいっても飲み物くらいは楽しみたいですよね。

カフェイン摂取がどんな影響を及ぼすのか、どんな飲み物が安心なのか、調べてみました。

 

カフェインが妊婦に及ぼす影響

コーヒーや紅茶など、日常的に飲んでいるものにも含まれているカフェイン。

妊娠中に大量に摂取してしまうと、母体にもお腹の赤ちゃんにも悪影響が及んでしまう可能性があります。

母体への悪影響

カフェインには体内のカルシウムを尿と一緒に排出する作用があります。
大量に摂取することで、骨粗鬆症のリスクが高くなるようです。
鉄分吸収を阻害し、貧血の原因にもなるので注意です。

赤ちゃんへの悪影響

お腹の赤ちゃんの発育が阻害される可能性があるようです。

低体重で生まれてきたり、将来の健康リスクも高まるとか…

大量摂取は、流産のリスクが高まるともいわれています。

 

妊娠中はどれくらいのカフェインを摂取してOK?

カフェイン摂取は恐ろしい影響を及ぼしてしまう…

とはいっても、カフェインを大量に摂取した場合のことです。

なので、通常の摂取量を留めておけば心配する必要はなさそうです。

1日当たりカフェイン摂取量を150mg程に抑えるようにすれば問題ないみたいd(*^ω^*)

☆カップ1杯あたりのカフェイン含有量(150mlあたり)の目安

コーヒー 50~100mg
ココア  20~50mg
カフェオレ40mg
緑茶   30mg
紅茶   30mg

1日1杯程度ならあまり問題はないようですね。

大好きな飲み物を我慢してストレスを抱えてしまいそうなら、1日1杯のリラックスタイムとして楽しむのはいいかもしれませんね。

 

妊婦さんにおすすめ!ノンカフェインの飲み物


少しの量なら大丈夫だとはいっても、ノンカフェインであることにこしたことはありません。

やっぱり気になって控える人も多いでしょう。

妊婦さんに安心でおすすめな飲み物をピックアップしてみました。

ノンカフェインの飲み物

【ルイボスティー】

美容や健康のジャンルで人気のルイボスティーは、クセが少なく飲みやすいハーブティです。
鉄分のも摂取できるので、貧血になりやすい妊婦さんにオススメです。

【タンポポコーヒー】

たんぽぽの根を焙煎して作られたノンカフェインのコーヒーです。
代謝を良くする働きがあり、冷え性や便秘に効果があります。
また、母乳促進効果もあるので、母乳育児中のお母さんたちにもおすすめです。

【麦茶】

麦茶には食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。
ただ、麦茶には身体を冷やす作用があるので、妊婦さんはホットや常温で飲むことをおすすめします。

【ローズヒップティー】

ビタミンCが豊富で、レモンの20倍もあるそうです。
美容の為にも注目されている飲み物です。

ノンカフェインのメリット

妊娠中は血液の循環量が増えるので、身体の水分量が妊娠前の20~30%増加するそうです。

そのため妊婦さんはたくさんの水分補給が必要なのだそうですよ。

たくさんの水分補給が必要なら、なおさらノンカフェインを選ぶべきですね。

ノンカフェインのメリットを紹介します☆

1.鉄分の吸収率を上げる

カフェインには鉄の吸収を妨げる成分があります。
ノンカフェインにはそんな成分が含まれていないので、鉄分を効率よく吸収できます。
妊娠初期の貧血症状や、疲れからくるお肌のくすみ改善に効果があります。

2.ぐっすり眠ることができる

カフェインによる覚醒作用や精神の興奮作用がないので、寝る前にたくさん飲んでも、ぐっすり眠ることができます。

3.胃への負担が少ない

カフェイン摂取は胃液の分泌を促してしまいます。
ノンカフェインだとたくさん飲んでも胃があれるといった症状がでないので安心です。

妊娠中に避けるべき飲み物

妊娠中に摂取すべきでない飲み物をピックアップしてみました。

【アルコール】

アルコールは胎盤を通して確実に赤ちゃんに届いてしまいます。
胎児の発育への影響が考えられるので、絶対にNGです。
ノンアルコール飲料の場合でも、1%未満のアルコール分が含まれる可能性があります。
ノンアルコールビールなどを飲む場合は、アルコール度数0.00%の物を選びましょう。

【ハーブティ】

ノンカフェインのハーブティにも、摂取しない方がいいハーブもあります。
(セントジョーズワート、チェストツリー、ラベンダー、ローズマリー、カモミール等…)
子宮を収縮させる作用があるので、妊娠中は適しません。

【栄養ドリンク】

栄養ドリンクには微量のアルコールやカフェインが含まれている物もあるそうです。

 

妊娠中は適量を守ってティータイムを楽しもう♪

調べてみると、コーヒーやお茶類など、妊婦さんでも安心できる飲み物がたくさんあるんですね!

妊娠中は、あれもダメこれもダメと我慢することが多く、気がめいってしまいますよね…。

赤ちゃんの為にはそういったストレスもよくありません。

妊婦であっても適量を守れば、ダメな飲み物もそれほど多くないみたいです。

適量を守ってティータイムを楽しみましょう♪

 

 

スポンサードリンク