エアコンはお肌の大敵!乾燥対策が必要です。

快適な空間を作ってくれるエアコン。

職場にも家庭にも、無くてはならない存在ですよね。

しかし!!!

そんな快適空間を提供してくれるエアコンが、実はお肌にかなり大きな負担を与えているって知ってましたか?

お肌の潤いを根こそぎ奪って乾燥させてしまう・・・恐ろしい存在だったんです!

どうして乾燥するの?

エアコンは、室外から空気を取りいれているわけではありません。

室内の空気を1度室内機に取り入れて、温めるか冷やすかしてから部屋へ戻します。

この過程で空気中の水分も一緒に取りいれられ、室内機にたまってしまうんです。

つまり!

空気は戻ってきても、水分は室内機から戻って来ないという仕組み。

稼働中、室外機のパイプから水がちょろちょろ出てきますよね。

あれが空気中の水分なんですって。

エアコンをつけていればつけているだけ、空気中の水分はどんどん減って行き、部屋も乾燥してしまうんですね。

”乾燥”はお肌に大ダメージを与える!

肌への刺激のなかでも一番厄介なのが”乾燥”です。

乾燥はお肌に色んなトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

・敏感肌になる可能性が高い
・ニキビが出来やすい
・老化しやすい
・シワやシミが出来やすい
・ハリ・潤いが無くなる

などなど。

とにかく乾燥していたら良いことは1つも無いと思って良いでしょう!!!

エアコンを付けないのが一番の対策ですが、それでは仕事にも生活にも支障をきたしてしまいます。

なので、簡単・手軽に室内を保湿出来る方法をご紹介します♪

 

1年中使える乾燥対策方法はコチラ!

加湿器を置く

一番手っ取り早く確実な方法ですね。

ただし、加湿しすぎるとカビなどの原因になってしまうので注意も必要です。

加湿しながら定期的に換気するようにすれば、空気の乾燥・カビ防止が上手に出来ますよ。

加湿器付きのエアコンや空気清浄器なども良いですね。

洗濯ものを干す

洗濯物を部屋干しすると、洗濯物の量によっては一気に湿度をあげる事が出来ます。

大量に干す場合は、窓を少し開けて換気も忘れずに。

部屋干し臭が気になる場合は、なるべく窓際で日の光が当たるところを選ぶと良いです。

濡れたタオルを干す

濡らしたタオルを干しておくだけでも、随分乾燥が予防出来ます。

フェイスタオルよりもバスタオルの方が加湿効果は高いです。

部屋の広さに応じて使い分けると良さそうですね。

霧吹きで水をまく

霧吹きに水を入れて、カーテンや空気中にシュッと水をかけるだけでも乾燥対策になります。

アロマなどを少量混ぜておいて香りを楽しむ事も出来ますよ♪

観葉植物を置く

天然の加湿器と言われている観葉植物。

葉っぱの大きい植物ほど、蒸発して排出する水分が多くなります。

洗面器・コップなどに水を入れて置く

特にお湯を入れておくとスチーム効果があります。

簡単で便利ですね。

私のオススメ「紙の加湿器」!!

私がオススメしたいのは、最近流行っている「紙の加湿器」です。電気を使わないからエコだし、見た目も可愛い♪

水を注ぐだけで、かなり保湿効果があります。

小さいタイプもあるので、これだったら職場のデスク上に置いてても差し支えないですよね。

エアコンはお肌だけじゃなく体にもダメージの可能性が!!

もちろん!

エアコンが及ぼす影響はお肌の乾燥だけではありません。

下記のようなトラブルも考えられます!!

・クーラー病

「冷房病」とも呼ばれます。

冷えた室内と外の気温差によって生じる病気で、特に女性に多いのが特徴です。

症状は「頭痛・腰痛・肩こり・むくみ・食欲減退・不眠・めまい・吐き気・生理不順」など。

長時間、強い冷房の環境にいなければならない人は、防寒などの冷えを解消する為の対策が必要です。

確かにエアコンが直接当たる場所だと、夏場でも寒いですよね。

家だったら場所を移動すれば良いのですが、職場だと自分のデスクを動かすわけにもいきません。

靴下やひざ掛け、もしくは暖かい飲み物などを用意して防寒対策したり、風よけを会社に取り付けて貰った方が良さそうですね。

・カビ肺炎

エアコン内部に発生したカビが、口や鼻から体内に侵入し「カビ肺炎」が発症される事があります。

症状としては、「長く続く咳・喉の痛み、呼吸困難・腹痛」などが挙げられます。

一般的な風邪と似ているので勘違いしそうなのですが、家や職場にいる時だけ症状が出る場合はカビ肺炎の可能性が高そうです。

エアコンを常に清潔な状態に掃除することと、発症したらすぐに病院に行く事が必要ですね。

特に小さなお子さんや赤ちゃんは要注意!

こまめにフィルターなどの掃除は行っておきたいですね。

 

上手にエアコンと付き合って快適な生活スタイルを!!

いかがですか?

やっぱり快適に過ごすためにエアコンは欠かせませんよね。

しっかり乾燥対策や健康対策をして、上手く付き合っていくのが一番だと思います。

ピックアップした加湿方法は、そこまで大変な作業じゃないですよね。

気軽に出来る事ばかりなので、エアコンのある場所で是非実行してみてください♪