梅雨の湿気は想像以上に厄介!!

雨の日が続く梅雨。

気持ちが滅入って憂鬱な気分になりますよね。

部屋もじめじめしてやる気が出ない…。

本当に困った季節です。

その上、じめじめした部屋は気分以外にも良くない事態を招く可能性があります。

雨の日の湿気は一体どんな事態を招くのか!?

そんなじめじめ部屋をカラッとさせる方法があるのか!?

調べてみました~!!

梅雨のジメジメが招く事態とは?

梅雨時期の湿気は、気分が憂鬱になるだけでなく、健康面に悪影響を及ぼす可能性があるんです。

湿気が高い日が続くと、心配されるのは”カビ”。

お風呂や台所などの水回りはもちろん、布団や食べ物、床や壁なども結露によってカビが生えてしまう事があります。

気温も高く湿気が上がる梅雨時期は、カビにとって絶好の繁殖条件が揃ってるんです。

カビが生えた空間での生活は気分を害してしまいますし、その胞子を吸い込むと健康に悪影響をきたします。

さらにダニにとっても過ごしやすい環境となります。

この、カビやダニによって引き起こされるのは体調不良やアレルギー。

大人もですが、特に小さなお子さんがいる家庭では重大な問題ですね。

湿気対策はきちんと行いたいものです!

梅雨時期にやっておきたい湿気対策!!

1.換気をする

雨の日に窓を開けて換気をすると、湿気対策には逆効果だと思う人が多いようです。

しかし、それは大きな間違え!

ぜひ雨の日にも空気を循環させるために窓を開けて換気しましょう。

吹き込むようなひどい雨の日を除けば、換気をすることで部屋の空気を循環させ、湿気防止・カビ対策になります。

ちなみに、部屋にある2ヵ所の窓を開け、空気の入口と出口を作ってあげるのがポイントです。

窓が一つしか無い場合は、窓を開けながら換気扇を併用しましょう。

しっかりと空気の入れ替えを行うことが重要です。

2.エアコンの除湿を使う

エアコンの除湿機能(ドライ)を使うのも有効です。

エアコンの除湿には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という二つの方式があります。

湿度と共に部屋の温度を下げる「弱冷房除湿」は暑い時期に。

湿度は下げるけど、部屋の温度は下げすぎない「再熱除湿」は寒い時期に使うと効率的。

自宅のエアコンがどちらの方式かを見分けるには取扱説明書を見れば間違えありません。

無い場合は、リモコンを見て「カラッと除湿」や「さらら除湿」などの表記があれば「再熱除湿」です。

他にもリモコンで除湿の温度設定ができれば「再熱除湿」になります。

3.サーキュレーターを使う

部屋の空気を循環させてくれるサーキュレーター。

風が遠くまで届くので効率も良く、冷暖房と併用することでより力を発揮してくれます。

季節を選ばず使えるのがオススメ♪

威力は落ちますが、扇風機を代用しても良いですね。

4.新聞紙を使う

紙類は湿気を吸い込む性質があります。

特に新聞紙は表面に細かい凹凸が多いため、見た目以上に表面積が広いんです。

その為、湿気を吸い取る力が大きくなります。

不要になった新聞の再利用にもなりますね♪

湿気が気になる場所に、一度手でクシャクシャにしてから広げて使うのがお勧め。

表面積がさらに増えて、湿気を吸い取る力が倍増します!

押入れの中、台所のシンクの隙間、家具の後ろに手軽に入れられて、ちょくちょく気軽に交換できるのが便利ですね。

5.重曹を置く

家庭用品として大活躍する重曹は湿気取りにも有効です。

さらに、ニオイも一緒に吸ってくれるので一石二鳥になります♪

使い方は、空き瓶などに重曹を入れて蓋をせず、湿気が気になる場所に置くだけ。

湿気を含んだ空気は下にさがるので、低いところに置くと効果的です。

湿気を吸った重曹は磨き粉として掃除にも使えるので、2度も3度も美味しい万能アイテムになります。

6.木炭を置く

木炭も湿気とニオイをとってくれるアイテムになります。

木炭にはポンプのような作用があり、湿気が多ければ吸い込んで、少なくなると吐き出します。

湿気を一定に保とうとする優秀さ!

カビ対策にも効果的なので、梅雨にかなり重宝出来るアイテムなのです。

上手に湿度対策を!!

いかがですか?

身近なアイテムを使って出来る湿気対策も結構あるんですね♪

私もさっそく雨の日や梅雨時期には活用してみようと思います!

カビやダニ対策として、雨の多い時期でも、部屋の中はカラッと快適な空間にしたいですね☆

スポンサードリンク