油に悪いイメージを持っていませんか?

油と聞くと「体に悪い」「太る」などのイメージがありますよね。

その為、大人になると脂っこい食べ物を避けがちです。

しかーし!

実は油って体に必要不可欠な成分だったんです。

なので、全然摂取しないのも体に悪影響を及ぼしてしまいます。

もちろん、摂り過ぎは体に良くありませんが!

油の上手な摂取方法を心がけて、健康な体づくりを意識しましょう♪

なぜ油が体に必要不可欠なのか?

小学校の頃に「3大栄養素」って習いましたよね。

これ、人間が生きていくうえで欠かせない栄養素のことなんですが、その3つを良~く思い出してください。

炭水化物、タンパク質、そして…脂肪。

そう!脂肪こそが油の事なんです。

3つの中でもカロリーが最も高いので敬遠されがちですが、人間が活動するためのエネルギー源としては欠かせません!

主な働きとしては…。

細胞膜やホルモン、胆汁を作る材料になったり、皮膚に潤いを与えたりしてくれます。

しかも、人間の脳の60%は脂肪で出来ているんだとか。

美容面でも健康面でも無くてはらない存在なんですね。

スポンサードリンク

シーンに合わせて油を使い分ける

世の中には色々な油があります。

何を使えば良いのか??

悩みますよね。

そこで、シーンに合わせたオススメの油をご紹介します♪

そのまま摂取するのにお勧め

必須脂肪酸である「オメガ6系」と「オメガ3系」の脂肪は体内で合成出来ない為、食べ物からの摂取が必要です。

最近は外食や加工食品に含まれる油はオメガ6系がほとんど。

その為、オメガ6系脂肪酸の過剰摂取でアレルギー疾患や動脈硬化が心配されます。

本来のオメガ6系と3系の理想の比率は「4:1」。

現代の食生活ではバランスが崩れてオメガ3が不足しがち。

なのでオメガ3系を含むエゴマ油、アマニ油は積極的に摂取しましょう。

ちなみにこの2つは、体に良いけど熱に弱いため、ドレッシングなどに混ぜるなどして加熱せずに食べたい油になります。

・エゴマ油&アマニ油…オメガ3脂肪酸が約60%も含まれている。

調理用にお勧め

炒めものなどの加熱調理に向いているのは「飽和脂肪酸」や「一価不飽和脂肪酸」です。

普段のサラダ油の代わりとして食生活に取り入れやすい油になります。

・ココナッツオイル

飽和脂肪酸の中でも体に脂肪がつきにくい種類が「中鎖脂肪酸」になります。

この中鎖脂肪酸の代表的な油がココナッツオイルです。

多くの油に比べ、中鎖脂肪酸は体内で4~5倍早く分解&燃焼されて即座にエネルギーとして使われます。

太りたくない女性にピッタリの油ですね♪

さらに、中鎖脂肪酸は燃焼するときにケトン体を作ります。

これは脳のエネルギーになる物質のため、アルツハイマー病予防にも効果があると期待されています。

・オリーブオイル

オメガ9系脂肪酸であるオリーブオイルは加熱に強いだけでなく、風味が良いのが特徴。

その為、オリーブオイルは加熱だけでなくサラダのドレッシングにも使える数少ない優秀な油です。

強い抗酸化力があるので、健康オイルのトップランカーといわれています。

・椿油(カメリアオイル)

ヘアオイルのイメージが強い椿油。

実は、成分の80%以上がオメガ9系のオレイン酸で、LDL(悪玉)コレステロールを下げる効果が期待できます。

食用としてお勧めの油ですが、特に椿油で天ぷらを揚げるとカラリと揚がって胃もたれ予防に効果的です♪

・アルガンオイル

モロッコ南西部にしか存在しないアルガンの種子から取り出されるオメガ9系の油。

美容オイルとしても有名ですが、ビタミンEが豊富で抗酸化力が高いため、食用としても人気です。

ローストタイプとノンローストタイプがありますが、香りを楽しみたい人はローストを選ぶと良いそうです。

植物油を選ぶときの注意点

ご紹介した植物油を購入する場合、注意したいのは「遺伝子組み換えの原材料を使っていないかどうか」。

油の場合、遺伝子組み換えの原材料を使用しても表示ラベルに記載しなくて良いことになっているそうです。

その為、パッと見ではわかりません。

基準として、500ml1000円以下で買えるような安価な油は注意した方が良いそうです。

もしくは、有機(オーガニック)の認定マークが付いたものを選びましょう。

大量摂取しない油だとしても、口に入れるものですから品質はきちんとチェックしたいですね。

まとめ

いかがですか?

普段あまり気にしない油ですが、体の健康のためにも是非意識してみてください。

油は「避ける」ではなく、「上手に摂取する」事が大切になります☆

上手に摂取出来れば、健康はもちろん美容にも良い効果が得られるみたいですよ♪

 

スポンサードリンク