フルーツは肌荒れの強い味方!

美味しくてジューシーな果物。

フルーツ大好き!という女性も多いですよね。

そんな果物には、肌に良い栄養素を含む物が沢山あります!

その為、肌荒れ対策や予防にとても効果的なんです♪

肌荒れが気になる女性は、どんなフルーツをどのように摂取したら良いのか…。

ご紹介します♪

美肌効果が高い食べ物

リンゴ

リンゴに含まれているポリフェノールには強い抗酸化力があります。

その為、活性酸素から身体を守り、角質や皮膚のダメージを防いでくれます。

また、肌を若々しく保つエラスチンとコラーゲンも豊富です。

バナナ

バナナには美肌に必要なビタミンBやビタミンC、カロテンが豊富に含まれています。

カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚の健康を保持する作用があります。

また、鉄分、マグネシウム、カリウムなどのミネラルも豊富。

肌荒れの元となる便秘改善にも効果的です。

オレンジ

オレンジに豊富に含まれるビタミンCはコラーゲンの生成を促進します。

その為、肌にハリを与える効果があります。

また、β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、B2なども豊富。

さらに、リン、鉄、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルも多く含んでいます。

非常にバランスの良い栄養素を持つ果物なんです。

いちご

イチゴはビタミンCが豊富で、100g中に62mgも含まれています。

7~8粒も食べれば1日の必要量を十分に摂取出来るほどなんですって。

抗酸化作用も高く、美肌作りに最適なフルーツになります。

スイカ

スイカは強力な抗酸化力を持つリコピンとβ-カロテン(ビタミンA)、体内の水分量を調整するカリウムを豊富に含んでいます。

さらに、スイカの皮に豊富に含まれているシトルリンは利尿作用もあるので、むくみ予防にも効果的です。

マンゴー

マンゴーにはビタミンA、C、β-カロテン、葉酸が豊富に含まれています。

青いうちはビタミンCの含有量が多く、熟するほどにβ-カロテンの量が増えて行きます。

肌の老化を防ぎ、肌の角質を再生させる効果が期待できるフルーツです。

フルーツを食べるのにベストな時間は?

果物を食べる一番ベストな時間は『空腹時』になります。

果物は人間の身体にとって最も消化しやすい食べ物です。

空腹時に摂取すれば30~40分で消化され、身体のエネルギーに変える事が出来ます。

美肌成分を余すことなく摂取出来ますね♪

食後のデザートとして食べた場合、胃に消化されていない食事が残っている状態でフルーツが胃に入ります。

そうすると、直前に摂った食事に邪魔されてすぐに消化されず、長く胃に留まる事になります。

場合によっては、きちんと消化されないまま腸に行ってしまうので、この過程で発生した毒素が身体に悪影響を与える事があるそうです。

通常、果物は食後のデザートとして食べる機会が多いですが、こういったリスクを考えるとなるべく避けたいですね。

ドライフルーツでの摂取もオススメ♪

最近はスーパーなどで手軽に購入できるようになったドライフルーツ。

美肌を目指すなら、ドライフルーツの活用もオススメです♪

ドライフルーツのメリット

1.少量で効率的に栄養素を摂取できる

果物に比べ、ドライフルーツは栄養素がギュッと凝縮されています。
同じ体積で比較すると、3~10倍とも言われているそうです。
ビタミン類に関しては、乾燥の過程で消滅してしまうものもあるようですが、他の栄養素は生の果物より豊富な場合が多くなります。

2.身体を冷やさない

ほとんどの果物には80~90%の水分が含まれています。
その為、体を冷やしがち。
その点、乾燥させたドライフルーツは水分が少ないので体を冷やす心配がありません。

3.腹持ちが良い

ある程度の固さがあるので、噛む回数が増えて腹持ちが良くなります。
さらに、沢山噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、お腹が一杯になったような間隔になります。
食べ過ぎを防ぐ事も出来て、ダイエットにも効果的です♪

4.全部食べられる

いつもは食べないような皮や種も、ドライフルーツなら食べられる事が多いです。
果物や野菜の多くは皮や種に最も栄養を含んでいる場合が多いので、実と一緒に美味しく食べられればお得感満載です!

ドライフルーツは目的別で食べ分ける

・つやつやの白いお肌になりたい…マンゴー、イチゴ、ドライトマト、アプリコット、パパイヤ、キウイ

・アンチエイジングを目指したい…プルーン、クランベリー、アプリコット、レーズン、イチジク、マンゴー、干し柿

・貧血を改善したい…プルーン、レーズン、リンゴ、キウイ、マンゴー

・便秘を解消したい…バナナ、リンゴ、プルーン、チェリー、イチジク、アプリコット、マンゴー

・疲労回復したい…パイナップル、梅干し、リンゴ、キウイ

・眼精疲労を和らげたい…ブルーベリー、プルーン、レーズン

・ダイエット効果を高めたい…バナナ、アプリコット、イチジク

上記のような目的別にドライフルーツを食べ分けると効果的ですよ♪

飽きがこないように、ヨーグルトなどに混ぜて食べるのもオススメです!

まとめ

いかがですか?

フルーツって沢山の栄養素が含まれているんですね。

美味しく食べられて沢山の栄養が摂取できるとは…ありがたい!

一人暮らしなどで、なかなかフルーツは買わない…という人もドライフルーツなら手軽に摂取出来ますね。

フルーツを食べて、肌荒れ知らずな綺麗なお肌になりましょう☆

 

スポンサードリンク