頑固なトイレ汚れのお掃除方法

トイレって私達が1日何回も足を運ぶ場所ですよね。

綺麗なトイレだと清々しい気持ちになりますが、逆に汚いトイレだと気分が悪くなっちゃいます。

臭いまであったら、もう最悪。

やっぱりトイレは綺麗でなくちゃ☆

でも、トイレって用をたす場所なので、汚れが付くのは仕方ないですよね。

さらに、年月を重ねてこびりついた黒ずみ汚れは、落としたくてもなかなか落ちません。

ですが!!

そんな黒ずみ汚れもシーンに合った落とし方をすれば、綺麗に落とせる可能性がググッと高くなるんです。

自分宅のトイレの汚れはどのタイプか…今一度チェックしてみましょう♪

便器汚れは3種類!!

便器汚れといえば「黒ずみ」とまとめて呼びがちですが、実は大きく分けて3つがあります。

「水垢・黄ばみ・黒ずみ」です。

いずれも初期段階であれば、トイレ用中性洗剤とブラシのみで綺麗に落とせる可能性があります。

でも、こびりついてしまった頑固な汚れは難しい!

その場合は、どのタイプかによってお掃除方法が変わるのです!!

1、水垢

水回り定番の汚れ「水垢(みずあか)」。

台所のようにトイレにも水垢は発生します。

水道水に含まれているミネラルが空気中の酸素や二酸化炭素とくっつき、白く固まると水垢になるんです。

★お掃除方法★

水垢はアルカリ性の汚れになります。

その為、酸性の洗剤が相性がバッチリ☆

一般的な中性洗剤が効かない場合は、酸性の洗剤を使ってみましょう。

2、黄ばみ

トイレ特有の汚れ「黄ばみ」。

黄ばみがあると、トイレをすごく汚く感じてしまいますよね。

黄ばみの原因のほとんどは、尿石です。

尿石とは、尿に含まれるカルシウムが固まったものになります。

★お掃除方法★

カルシウムはミネラルの一つ。

そう!黄ばみは水垢の一種なんですね。

その為、水垢と一緒で中性洗剤が効かない場合は、酸性の洗剤が効果的です☆

3、黒ずみ

カビや雑菌、水垢が原因で出来る「黒ずみ」。

便器の表面に蓄積されていく為、毎回水を流していても掃除をさぼると出来てしまいます。

★お掃除方法★

カビに効くのは塩素系の漂白剤!

黒ずみで困っている場合は塩素系の漂白剤を使ってみてください。

注意!混ぜるな危険!!

前項で、汚れの種類で洗剤は使い分ける…という事が分かりましたよね。

ただ、1つ注意が。

水垢、黄ばみ、黒ずみを一気に落とそうとしてはいけません。

なぜなら、酸性の洗剤と塩素系の漂白剤を混ぜると有毒の塩素ガスが発生してしまうからです!!!

これは危険~~!!

酸性の洗剤と塩素系の漂白剤のどちらも使用したい場合は、日を変えながら交代交代に使って落とすようにしましょう。

理想のトイレ掃除の間隔は?

当たり前ですが、トイレを放置していると汚れはどんどん落ちにくくなっていきます。

汚れがこびりつかないように、定期的にお掃除してあげる事が必要です。

理想のトイレ掃除の間隔はどのくらいでしょうか?

ヤル気まんまん!→1日おき
綺麗好き→2~3日に1回
面倒くさがり→1週間に1回

です!!

どんなに面倒くさがりな人でも、少なくとも1週間に1回はトイレ掃除するのが理想です。

これ以上間隔をあけると、いざという時に汚れが落ちにくくなってしまうので大変ですよ。

まとめ

いかがですか?

市販のトイレ洗剤でこまめに掃除していれば頑固な汚れは付着しにくいようですから、こまめな掃除を心がけたいですね。

どうしても落ちにくい場合は、汚れのタイプに応じた洗剤を使って落としてみてください。

予想以上にスルリと簡単に綺麗になるかも!?

トイレが綺麗になると、心も綺麗になるって言います。

正に一石二鳥♪

やって損はありません!

清々しく使える綺麗なトイレになるように頑張りましょう♪