花より団子!お花見は美味しいご飯で盛り上げよう♪

寒い冬が明けると、桜が綺麗に咲く季節がやってきますね。

そう、待ちに待った春の到来です♪

ポカポカ温かくなるし、桜のピンクで色づいた風景は綺麗だし。

良いことづくし☆

そんな時期に楽しみなのがお花見。

綺麗な桜を目の前に、美味しいご飯やお酒を飲む…ほんと最高です!!!

会社のお花見だと鉢盛を頼んだり、バーベキューをしたりする事が多いようですね。

友達や家族ぐるみでお花見に行く場合、私は持ち寄りタイプのお花見が好きです。

それぞれの家庭でご飯を用意して持ち寄って皆で一緒に食べる…。

どんなメニューがあるのかワクワクするし、いつもと違ったよそ様の味が楽しめるが良くないですか!?

ただ、何を持っていこうか…と悩むのだけが少々難点。

持参しても外さない、定番から珍しいメニューまでご紹介したいと思います♪

参考にされてください~☆

お花見に持参したいメニュー8選

おにぎり

やはり定番といえばコレ!

箸を使わずに手軽に食べられる「おにぎり」です♪

梅、かつお、シャケ、ツナ、昆布などの定番ものを挟んでも良いですね。

子供が喜びそうなウインナー、カツ、唐揚げなどを刻んで挟んでもおいしそう♪

ご飯は何でも合うので、色んなチャレンジが出来ます!

具材を変えれば他の人と被らないオリジナル性も出せそうですね。

ただし!

人によっては、他人がにぎったオニギリに抵抗がある人もいるようです。

おにぎりをラップを使って握って、そのままラップを巻いたまま出すと良いですよ。

握った自分の手も汚れないし、お弁当箱からも取りだしやすいのでオススメです☆

からあげ

お弁当といえばコレですよね~。

子供が大好きなおかず「からあげ」!!

お花見の場合、牛や豚よりも基本的に鶏肉の方が人気なようです。

自分で作っても良いですし、最近は専門の唐揚げ屋さんが沢山ありますから購入して行っても良いですね。

ただし!!

1個の大きさが大きいと唐揚げだけでお腹いっぱいになっちゃう恐れがあります。

なるべく1つ1つは小さくて食べやすいサイズにしておくと親切ですね♪

フライドポテト

気軽に食べられるし、鉢盛にも入っている確率が高い「フライドポテト」。

なのに、持ち寄りとなると忘れられがちですよね。

子供も好きだし、大人はお酒のつまみに出来るのでかなりオススメです。

唐揚げ同様、自分で作っても良いし、ファーストフード店などで買って行っても良いですね。

オリジナル性を出すならケチャップ以外にマスタードやマヨネーズ、タルタルソースやカレー、明太子ソースなど。

ソースを色々用意していくと喜ばれそうです♪

いなりずし

定番のおにぎりと被りずご飯ものを持参したいなら「稲荷ずし」がオススメ。

ほんのり甘いから子供にも大人気です。

稲荷ずしの良いところは、年配の方も好きだという点。

昔ながらの懐かしい美味しさが味わえます♪

紅ショウガを添えておくとぬかりありませんね☆

サンドイッチ

手軽で簡単に作れる「サンドイッチ」。

野菜や卵など栄養バランスを重視出来るところも素晴らしい!!

お弁当の彩を良くするのにも効果的です。

私はラップの上にサンドイッチ用のパンを乗せ、具材を乗せたらグルグルと巻いていく形がオススメ。

そのままラップごと巻いた状態で両端をリボンで止めれば、キャンディーのような可愛いらしい見た目になります♪

可愛いだけでなく、取りやすいし食べやすいのでかなり良い感じですよ☆

焼きそば

麺類の中でも唯一汁なしで食べられる「焼きそば」。

不思議とお祭り気分になれるのも良いですよね。笑

冷めても美味しいからGOOD!

マヨネーズなどのオプションを持っていくと飽きずに食べられます☆

紙コップに小分けにしておけば、なお親切ですね♪

フルーツ

デザートとして忘れちゃいけない「フルーツ」!

あまりご飯を食べられない子供さんもフルーツだったら食べられる!という場合も多いですよね。

イチゴやブドウなどはそのまま摘まんで食べれるから便利です。

カットフルーツを持っていく場合は、ピックや爪楊枝は忘れずに準備しましょう♪

カップラーメン

一見、手抜きのように見える「カップラーメン」。

ですが、ポットにお湯を入れてもっていけば作りたての温かい食べ物が食べられます。

お花見時期ってまだまだ肌寒かったりするので、結構喜ばれるんですよ♪

他にも、味噌汁やスープ、お汁粉など。

お湯さえあれば色んなバリエーションが楽しめますね☆

持ち寄る食べ物は3つのポイントを抑えよう!

いかがですか?

やっぱりだいたいは定番の物が喜ばれますよね。

あとは、他の人と被らないように相談出来れば間違えないですね。

お花見で持ち寄る食べ物のポイントはこの3つを抑えれば大丈夫です!!

・食べやすい
・冷めても美味しいor温かい
・風に飛ばされにくい

です!

この点を意識しておけば、皆で心置きなくお花見が楽しめると思います♪

楽しい持ち寄り花見を満喫してくださいね☆