肩こりは「日本の国民病」と言われている!

肩が痛い…と悩んでいませんか?

多くの人が悩む「肩こり」。

耳馴染みがある言葉なので軽く考えがちですが、実は日常生活にかなり支障をきたしている可能性があります。

酷い時は気分が悪くなったり、仕事にやる気がなくなったり。

さらには、頭痛などの他の症状を招いたりもしています。

一刻も早く治したいですよね!

実は、「日本の国民病」と呼ばれるほど、日本人に多い”肩こり”。

どうやら私達日本人の私生活に原因が隠れている可能性が多いにあるようです…。

その原因と解消方法についてご紹介したいと思います☆

肩こりの原因

1.運動不足

大人になるほど運動する時間が少なくなっていきます。

仕事が忙しければ、運動系の趣味やウォーキングなどをする時間もなかなか取れませんよね。

運動不足になると、肩周りの筋肉が活動する機会がなくなり、凝り固まってしまいます。

2.姿勢が悪い

街で歩いている人を見ても、姿勢が良い人ってかなり少ないですよね。

世の中には姿勢が悪い人がほとんど。

特に猫背の人は良くみかけます。

人間の頭の重さは、体重が50kgある人で約5kgあると言われています。

それを首だけで支えているのに、姿勢が悪ければ上手くバランスが取れず首や肩に負担がかかってしまいます。

ストレートネックという症状になりやすく、慢性的な肩こりの原因になってしまうんです。

3.スマホ巻き肩

前項の”姿勢が悪い”と類似なのですが、最近は「スマホ巻き肩」という新しい姿勢が問題になっています。

スマホやipadやタブレットなどを長時間使用する事で起こる姿勢です。

猫背のように背中が丸くなってしまうだけでなく、さらに両肩が前の方に向かって内側にねじれている怖い姿勢になります。

首が前に出て、肩甲骨が外に開いてしまう事で肩こりが起こるのはもちろん、頭痛、めまい、吐き気、冷えなどを引き起こす場合もあります。

4.冷え性

冷えは末端部分を冷やすのはもちろん、体の深部の内臓まで冷やしてしまいます。

そうなると、血流が滞って肩回りの血流も阻害されてしまいます。

血流が滞おると、肩こりを引き起こしやすくなります。

5.ストレス

精神的なストレスは、自分の体を守ろうというセンサーが働き、自然と体全体に力が入ってしまうそうです。

そのため、筋肉が過度な緊張状態になって、肩が凝り固まってしまいます。

6.歯&眼

「歯の噛みあわせが悪い」、パソコンやスマホなどによっておこる「眼精疲労」。

これらも肩こりの原因になります。

肩こり解消方法

座って出来る簡単ストレッチ

座ってても立ってても手軽にできる肩ストレッチです。

①ワキとヒジを体にくっつけた状態で”小さく前にならえ”のポーズをする。

②ワキとヒジを締めたまま、肩だけをゆっくり前後に10回転ずつ回す。

これだけ!

肩甲骨(けんこうこつ)を動かして、周辺の筋肉をほぐすのが目的です。

デスクワークの合間にも出来るから便利ですね♪

10秒で出来るストレッチ

最短10秒で出来るうえに即効性が高いと評判のストレッチです。

呼吸を一緒にしっかり行うのがポイントになります☆

①息を吐きながら、顔の前でヒジをくっつける。

②息を吸いながら手を開いていき胸を開く(背中で肩甲骨を寄せていく)。

③頭の上で伸ばした両手の甲をくっつけたまま、しばらく呼吸をつづける。

ゆっくり呼吸しながら行えば、より肩をほぐしながら行う事が出来ます。

姿勢を正す

姿勢が悪くならないように気を付けましょう。

特に座ってパソコンやスマホを見る場合は、骨盤を起こして頭のてっぺんを天井に引き上げて背筋を伸ばします。

胸を開いて肩甲骨を寄せて、目の高さに対象物が来るようにしましょう。

肩もみをする

肩がこった時、”肩たたき”するイメージがありますが、逆効果です。

げんこつで強く叩くと、緊張した筋肉はさらに緊張を増長させてしまいます。

肩こり解消には”肩もみ”がおすすめ。

指先でギューギューもまずに、手のひらの温もりを伝えるつもりで、ゆっくりと優しくなでるように行います。

肩もみする人も疲れず一石二鳥ですね♪

新聞紙で素振りをする

竹刀を振り下ろす素振りは肩こり解消にもってこい!

肩より上に腕を振り上げる動きは、肩周りに適度な筋肉をつけたり、ほぐしたりします。

さらに血流を促進してくれるので、肩こり改善にもってこいです♪

竹刀でなくとも、新聞紙を丸めた物でやってもOK。

女性やお子さんのいる家庭では、安心して素振り出来るので便利ですよね!

生姜湿布

昔ながらの肩こり手当法として、しょうが湿布という物を見つけました!

血流を促進して体を温め、鎮静効果が期待できるそうです。

①生姜のすりおろし(150g)をハンカチに包んで輪ゴムで留める。

②洗面器に少し熱めのお湯を入れたところに①をつけ、よく振って生姜湯にする。

③②にタオルを浸し、絞る。

④③を肩に当てて温める。

これだけ!

痛みが酷い時にはやってみる価値ありですね!

まとめ

いかがですか?

肩こりには肩の筋肉をほぐしてあげるのが一番効果的な解消法のようですね。

その他にも、ストレスや冷え性が直接的な原因なのであれば、その根本原因を取り除く事が必要です。

肩こりが酷いと、一日の気分がブルーになっちゃいます。

痛みを感じない毎日にする為にも、ぜひ試してみてくださいね♪

 

スポンサードリンク