胃腸炎がヨーグルトで予防できるって本当?

胃腸炎って辛いですよね!

吐き気や嘔吐、下痢、発熱・・・などなど。

一気に症状も現れるから体力も無くなってしまってぐったりです。

しかも感染するものだから気を使うし、周囲の人が発症したと聞くとドキドキしちゃいますよね。

出来ればかかりたくない!

そんな、胃腸炎をヨーグルトで予防できる!という噂を耳にしました。

本当でしょうか!?

その真相を調べてみました。

ヨーグルトと胃腸炎の関係性をチェック!

胃腸炎を予防する為に必要なこと。

それは、「理想的な腸内環境に整えること」なんだそうです。

その為には、善玉菌が優勢になる事が必要になります。

善玉菌が優勢な状態とは?

私達の腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」が存在しています。

身体にプラスの働きをもたらす善玉菌に対し、マイナスに働くのが悪玉菌です。

善玉菌を増やして悪玉菌を抑制すれば、腸内バランスを整えることが出来ます。

という事は、善玉菌を増やすことが胃腸炎予防へのカギのようです!!

ビフィズス菌&乳酸菌がカギだった!!

ヨーグルトにはビフィズス菌や乳酸菌が含まれています。

なんと、このビフィズス菌と乳酸菌。

善玉菌を増やして腸内バランスを整える働きをしてくれます。

まさに、胃腸炎予防に必要な項目をクリアしているではないですか!!

胃腸炎予防に効果があるって言うのは本当だったんですね♪

毎日継続する事が大事!

結果!!

ヨーグルトは胃腸炎予防に効果があるようです。

これは活用しない手はありませんね♪

ただし!

まとめて一気に摂取しても効果がありません。

毎日定期的に摂取して腸内を善玉菌優勢の状態に保っておく必要があります。

食べることを”続ける”事が必要なんですね。

そうすれば、胃腸炎をはじめとするウイルスに対抗できる身体づくりが出来ます。

インフルエンザ対策にもなるようですよ♪

胃腸炎にもうかかりたくない!

そんな方は毎日の食事習慣にヨーグルトを取り入れてみてくださいね☆

凄いと噂の乳酸菌パワーを探れ!いつ、どのくらい飲むのが効果的??