ムダ遣いを減らして節約を極めるべし!

皆さんは上手に貯金出来てますか?

お給料は毎月貰っているのに、気づくともう残っていない。

通帳を見る度にタメ息をついてしまう。

そんな風になっていませんか?

実は、「お金が溜まらない」と悩んでいる独身女性ってかなり多いみたいなんです。

ナゼでしょうか?

それは、”無駄遣い”を我慢出来ない人が多いから。

ムダ遣いってその時は気持ちが良くても、後々の生活がちょっと不安ですよね。

これを機に、自分の生活を見直してみませんか?

貯金を増やすための節約術をご紹介します☆

賢い女性はやっている!貯金を増やす節約術

1.家計簿をつける

何より大事なのは、お金の流れを知ること。

その為に”家計簿を付ける”事はかなり有効です♪

いくら入ってきて、いくら出ていった。

帳簿につけるだけでも、大分意識できるようになります。

出て行く金額がズラッと並ぶと・・・さすがにヤバイ!って注意するようになりますよね。

ただ、「面倒くさい」とか「数字が苦手」という人は家計簿を敬遠しがち。

その場合は、いつでも気軽に入力できそうな携帯アプリを活用する。

もしくは、簡単な走り書き程度の帳簿にする(日付、入金or出金額のみ)。

などなど!

無理せず出来そうな方法を考えてみましょう。

今までの浪費癖を治す為には、多少の努力は必要ですね。

2.毎月定額を貯金する

理想のお給料の使い方は、「貯金」→「使う」の流れです。

この順番を逆にしてしまうと、貯金は難しくなってしまいます。

たいていの人は、「使って残ったお金は貯金しよう♪」と考えがち。

断言しましょう。

そういう考えの人は、残ったお金は貯金せずに使っちゃいます!

身に覚えもありますよね?

こうあるからこそ、気づくと貯金が無い!という現状に陥ってしまうんです。

まずは、毎月行う貯金額を決めて、先に貯金を行ってから使えるお金を算出します。

貯金に回したお金には手を付けないように注意しましょう。

そうすれば、確実に貯金額は増えていきます。

どうしても貯金に手を出しそうな人は、銀行の定期預金を活用する。貯金用の口座を用意する。

などの対策をうちたいですね。

貯金額は自分が無理せず行える額を設定する事をオススメします!

3.ボーナスは使わない

前項で紹介した毎月定額を貯金する方法が難しい方はコレ!

毎月のお給料は使いきるけど、ボーナス(賞与)には手を付けずに貯金するようにすればOK!

ボーナスをはなから期待しているから「ボーナス払い」などのローンをあてにしちゃうんです。

支払いは全て毎月のお給料から行って、ローンを使わずに済むような買物をしましょう。

もちろん、ボーナスの無い会社に勤めている場合は難しいですが・・・。

ボーナスが期待できる会社の人はやってみてくださいね。

なかなかの貯金が見込めますよ♪

4.外食を見直す

女性に多いのがコレ!

御飯を作るのが面倒だから、ついつい友達と外食してしまう・・・。

これはかなりの出費になってしまいます。

親睦を深めるための会であれば問題ありませんが、必要が無い外食は無くしましょう。

特に次の事を行ってみると良い節約になりますよ♪

・お弁当を持参する
前日のおかずの残りを使ったり、安く販売されている冷凍食品を使うとかなりの節約になります。

・外食する場合はディナーではなく、ランチを優先する
たいていのお店はディナーに比べてランチの方がお得。
2次会もディナーの場合は居酒屋やバーなど高額な場所になる可能性が高いですが、ディナーであればカフェでのお茶程度で済みますね。

外食を控えてなるべく自炊するようにして、なおかつ作り置きなどの「まとめ作り」を上手に行えば節約上手になること間違え無しです♪

5.お風呂に気をつける

水道光熱費ってバカになりませんよね。

実家暮らしであれば大きな痛手にはなりませんが、一人暮らしであればてき面です。

なかでも、お風呂の水代は結構な支出につながります。

さらに、お湯を沸かす電気やガス代も馬鹿になりませんね。

うっかり水を止め忘れてあふれちゃった・・・なんて、相当もったいないです!!!

忘れやすい人は携帯のアラームなどを利用して出しっぱなしは絶対阻止しましょう。

お湯は半身浴出来る程度の量に抑えます。

時間をかけて浸かればしっかり身体を温める事が出来るので、お湯の量としては十分です。

ちなみに、シャワーで入浴を済ませる場合は18分以上使ってしまうとお湯をはった方が安上がりになります。

時間がかかる女性の場合は、お湯を沸かした方が安く済む可能性が高いですね。

お風呂をシャワーだけで済ませた場合の健康&金銭面のデメリット☆

さらに、そのお湯は洗濯に再利用して節約しましょう♪

衛生面で気になる人もいるようですが、洗剤の力は1度使った浴槽の汚れ程度はかき消してくれるんだそうです。

是非、有効活用してみてくださいね☆

6.家賃&通信費を見直す

一人暮らしの場合、一番大きな出費は「家賃」になります。

家賃金額の理想は「月収の1/3」だそうです。

この額を超える家賃の場合、生活するのだけで一杯一杯になってしまいます。

お金を貯めるなんて、そうそう無理ですよね。

さらに、携帯やパソコンなどの通信料も意外と高くつきます。

通信費金額の理想は「月収の5%程度」だそうです。

これを超えてしまうようであれば、プランの見直し、携帯会社の見直し、活用方法の見直しを行いたいですね。

7.出来るだけ安売りを活用する

食材、洋服、化粧品など。

女性にとって必要不可欠なアイテムは、なるだけセールなどの安売りを活用するようにしましょう。

バーゲンなどはだいたいの時期が決まっているので、購入時期の予想が立てやすいですよね。

化粧品もプチプラものや、試供品など上手に手に入れる方法を探してみてください。

それらを上手に活用すれば、お得にオシャレアイテムがゲットできます♪

食材にいたっては、安売り目玉商品はチラシやネットで常にチェックしておきたいですね!

無理せず節約するのが理想☆

いかがですか?

独身OLさんにオススメな7つの節約術をご紹介しました!!

多少の努力は必要ですが、頑張ってみる価値はありますよね♪

貯金が無い・・・なんて大人はもう卒業!

お金にも生活にも余裕のある賢くて素敵な女性を目指しましょう☆

 

「あなたの蓄えは大丈夫?コツコツ溜まるおすすめ貯金方法をご紹介♪」

「要確認!!買い物依存症チェックリスト|買物中毒の対策方法とは?」