凄いと噂の乳酸菌・・・いったい何が凄い??

”美容や健康に良い。”

”腸内環境を整える。”

”ビフィズス菌。”

そういったフレーズが頭に浮かぶ「乳酸菌」。

ただ、具体的に何に効果があるのか?と言われると良く分かりませんよね。

それに、せっかく摂取するなら、一番効率の良い形で摂りたいじゃないですか?

ここでは、乳酸菌の具体的な効果と、いつどんなタイミングでどのくらい摂取すれば最も効果的なのかを探ってみようと思います!

上手に摂取して、乳酸菌上級者を目指しましょ♪

 

「めちゃ美味しい飲むヨーグルト発見!快便にもなれてかなりオススメ♪」

 

乳酸菌について知ろう!!

乳酸菌とは?

まず、乳酸菌自体が何なのかを調べてみましょう。

乳酸菌とは、いわゆる「腸内善玉菌」のことを言うそうです。

私達が摂取した糖質(ブドウ糖やオリゴ糖)を栄養源として、腸内で乳酸を作る性質を持っています。

乳酸菌には多くの種類があり、ヨーグルトやチーズなどの動物性の物を発酵させる菌。

漬物や味噌や納豆などの植物性の物を発酵させる菌などがあります。

どんな効果が期待できる?

では、乳酸菌を摂取する事でどんな効果が期待できるのでしょうか?

・便秘解消
・ダイエット
・免疫力の向上
・アトピー症状の抑制・緩和
・花粉症の抑制・緩和
・大腸の病気を予防
・高血圧予防
・口臭予防

こんなに沢山!

若い女性から年配の方まで。

色んな世代の人が喜ぶ効果が一杯ですね♪

ただし、先ほどもご紹介したとおり乳酸菌には様々な種類があります。

それによって効果の違いも出てきますから、商品によって何に効果があるのか?

しっかりチェックしてから選びたいですね。

効果的な摂取方法

いつ、どんなタイミング?

では、乳酸菌はどんなタイミングで摂取すれば一番効果的なんでしょうか?

答えは「食後」です。

なぜかというと、”胃酸”が関係しています。

乳酸菌は胃酸に弱いという特徴があって、食前などの空腹時だと胃酸や胆汁によって死滅させれらてしまいます。

せっかくの乳酸菌が台無しですよね・・・。

食後なら胃酸が薄まっている状態なので、生きた乳酸菌を腸まで届けられる可能性が高くなるんです。

なので、乳酸菌は食後に摂取しましょう!

また、時間帯で言えば朝・昼・晩は「いつでも良い」が正解。

食後であればどのタイミングでもOKなようです。

ただ、毎日同じ時間帯に摂取するのが理想。

食べる時間帯を固定して、習慣化するのが良いですね。

エサとなる物を一緒に摂取する

オリゴ糖や食物繊維は乳酸菌の餌となります。

これらは善玉菌のエサとなり、乳酸菌の増殖を助けてくれるんです。

食品でいえば下記の通り。

【オリゴ糖】
玉ねぎ、キャベツ、ゴボウ、ジャガイモ、ニンニク、大豆、アスパラガスなど

【食物繊維】
ゴボウ、にんじん、大豆、大麦、さつまいも、オクラなど

これらを食事で摂取した後に乳酸菌を摂取すればバッチリ!ですね♪

どのくらいの量がベスト?

何事にも限度という物がありますが、乳酸菌は「摂りすぎても大丈夫!」なんだそうです。

驚きですね。

1日に必要な乳酸菌は5000億~1兆個。

普通のヨーグルト1個だとどんなに多くても約100億個ほどしか摂取できません。

つまり、全然足りないんです。

しかも、乳酸菌は便として毎日排出されるので沢山摂っても大丈夫。

ただし!!

市販のヨーグルトなどの乳製品は、摂りすぎると乳酸菌以外の成分が問題です。

過剰摂取は身体に良くないし、余計な脂肪を蓄えてしまいます。

それに腹痛や下痢の可能性も心配ですね。

乳酸菌はどれだけ食べてもOKなので、乳酸菌以外の成分を主体に考えて、どのくらいの量を摂取するか決めれば良さそうです。

乳酸菌を摂取する方法

乳酸菌はどのように摂取できるのでしょうか?

ヨーグルト

乳酸菌といえば、ヨーグルトですね。

商品によってまちまちではありますが、1mlあたりのヨーグルトで乳酸菌は1000万個以上と言われています。

馴染みがあるので習慣化しやすいのですが、乳酸菌以外の糖分や香料などに注意したいですね。

チーズ

乳製品といえばチーズ。

こちらも乳酸菌は含まれていますが、ちょっと注意が必要です。

というのも、日本で親しまれているプロセスチーズは加熱処理されているため、乳酸菌は死滅してしまっています。

乳酸菌を摂取するならナチュラルチーズを選ぶようにしましょう。

味噌

日本人に親しまれている味噌。

こちらも乳酸菌が含まれています。

しかも、植物性乳酸菌になるため生きたまま腸に届けることが出来ます。

味噌汁など加熱調理した場合、乳酸菌は死んでしまいますが、それでも多少の効果は得られるようです。

キムチ

乳酸菌のイメージが無いキムチですが、ヨーグルト並みの乳酸菌を含んでいます。

キムチ1gで1億~数億個以上の摂取が期待できるそうです。

しかも、胃酸に強い乳酸菌なので腸まで届きやすいという特徴があります。

辛い刺激物なので過剰摂取はオススメできませんが、食卓に御飯のお供として添えると良いですね。

サプリメント

先ほども書きましたが、ヨーグルト1個では1日に必要な乳酸菌量を賄えないのが正直なところ。

サプリメントでお手軽&確実に摂取するのは、かなり効果的です。

ただし、一番良いのはやはり食事で摂取するという事。

サプリだけで満足するのではなく、あくまで補助食品だと考えておきたいですね。

まとめ

いかがですか?

乳酸菌について意外と知らない事ってありますよね。

性質や特性を理解して摂取すれば、今まで以上に効果が得られるはず!

せっかくですから、乳酸菌パワーを十分に活かした形で摂取しましょう♪

 

 

 

スポンサードリンク