柿は栄養豊富な健康食品だった!

秋の果物といえば「柿」!!

果物なのに酸味は無く(たまに渋味はあるけど)落ち着いた甘さが魅力ですよね♪

ただ・・・。

柿って栄養無さそうなイメージありませんか?

水分も少ないし、酸味も無いし、なんだか他の果物と比べると全然違う。

私もビタミンとか全然入って無さそうだと思ってたんです。

ところがどっこい!(古い)

柿って「柿が赤くなると医者が青くなる」というコトワザがあるくらい栄養分豊富な健康食品だったんです。

そんな、知られざる柿の栄養素を調べてみました!

柿に含まれる栄養素

ビタミンC

全く柿とイメージが合わないビタミンC。

なんと・・・柿を1つ食べれば1日の必要量が補えるほどビタミンCが豊富に含まれていたんです。

ビックリ!!

ビタミンCにはこんな効果があります。

・コラーゲンを作るのを助けたり、肌のシミやくすみを改善する美肌効果
・皮膚や骨を丈夫にする
・免疫力を高めて、風邪やガンを予防する
・ストレスに対抗するホルモンを作る
・活性酸素を抑える抗酸化作用がある

特にアンチエイジングや美肌効果は女性にとって大歓迎な効果ですよね♪

ただ、柿は完熟してしまうとビタミンCが半分ほどに減ってしまいます。

干し柿などでは、あまりビタミンCの摂取は期待出来ないようです。

ビタミンA(β-カロテン)

ビタミンCと同じぐらい強い抗酸化作用を持つβ-カロテン。

ビタミンCと同時摂取する事で相乗作用が起こるので、肌荒れなどに効果的!

体内に入るでビタミンAとして働きます。

皮膚や粘膜を正常に保ち、外部から細菌やウィルスの侵入を防いでくれるので、病気への抵抗力を高めたり、ガン予防も期待出来ます。

さらに、眼の網膜にある光を感じる「ロドプシン」という物質の材料になるので、夜盲症を防ぐ効果もあります。

β-クロプトキサンチン

β-クロプトキサンチンという色素も含まれています。

これは、血中のIgM・IgA濃度の上昇やインターフェロンの精製促進効果が報告されています。

そのため、直接的な免疫力向上効果が期待できるんですって!

ビタミンCとの相乗効果で強力なガン抑制作用もあるといわれているので、カキが「医者いらず」と言われる理由も分かりますね。

ペクチン

ペクチンという食物繊維も豊富です。

ペクチンには水溶性と不溶性の2種類がありますが、柿のペクチンはほとんどが水溶性。

コレステロールの吸収を抑制する働きがある為、ダイエットにも適しています。

特に干し柿はペクチンの含有量が高め!

便秘予防などにも効果的ですが、カロリーは高くなるのでご注意を!

タンニン

ポリフェノールの一種であるタンニン。

柿にある渋味成分の事です。

タンニンは血液中にある毒素や悪玉菌を減らして血液の流れを良くする働きがあります。

その為、体全体の新陳代謝もUP!!

ビタミンCと合わせて血液中のアルコール分を外へ排出する働きもあるので、二日酔いにも効果があると言われています。

ただ、渋味って美味しくないですよね…。

でも大丈夫!

甘くなった柿は既に渋味成分が可用性から水溶性と変化している為、渋みを感じる事はありません。

タンニンを摂取する為にわざわざ渋柿を食べる必要は無いみたいですよ。

柿の食べ方講座

こんなに沢山の栄養分が含まれていた「柿」。

これは食べない手はありません!

そんな柿をより効果的に美味しく食べる方法をご紹介します♪

旬の時期に美味しく食べる

柿の旬な時期といえば秋。

とくに10月中旬~11月下旬が柿の旬だと言われています。

この時期は、栄養、ビタミンが豊富になり、さらに味も美味しくなります。

良いことづくしのシーズンなので、積極的に食べる機会を増やしたいですね。

美味しいタイミング

柿の表面全体が鮮やかなオレンジの”柿色”になった時が食べごろ。

まだ表面の一部に緑がかった部分が残っている時は、熟成を待ちましょう!

野菜庫に入れて冷やすと、食感や味が悪くなるので、常温保存が一番。

頃合いを計って一番美味しいタイミングで食しましょう♪

一度に沢山食べ過ぎるのはNG

いくら健康に良い食品とはいえ、物には限度があります。

一度に沢山の量を食べると、体を冷やしたり、鉄とタンニンが結びついて鉄分の吸収が妨げられてしまう場合もあるようです。

どのくらいが食べ過ぎかというと一般人で10個食べると食べ過ぎなんだとか…。

いや、それは食べ過ぎだよね。笑

1日1、2個を目安くらいにすれば丁度良いかと思います。

食べ方を変えてみる

そのままでも美味しい柿ですが、干し柿として食べても良いですね。

保存食として長く楽しめるのも良いし、水分が少ない分栄養が凝縮されます。

効能としては、全体的にアップするのですがビタミンCだけは減ってしまうのでご注意を!

また、柿の皮や葉にも栄養は一杯含まれています。

皮は天日干しにしてそのまま食べたり、煮物や漬物などに入れて使ったり、デザートにトッピングしたりすると◎!

さらに葉は、健康茶として柿の葉茶などが最近注目されています。

栄養を沢山摂取する為に、食べ方を変えてみるのも良いですね。

秋は柿スイーツで健康対策♪

いかがですか?

私、正直柿をなめきっていました。苦笑

こんなに素晴らしい成分がたっぷりだったんですね!!!

もともと好きな柿なので、これからは積極的に食べたいなと思います。

ちなみに!!!

最近、熊本にある「オ・ボン・マルシェ」という所の有名な柿のタルトを食べました。

柿丸ごと~♪

中身がくり抜かれて、カスタードクリームが入っています。

 

柿のケーキって初めてで、柿とクリームって合のかなぁ…と少々不安だったんですが。

めっちゃ合うんですね!!

ビックリ!!!

”和”のイメージが強かった柿ですが、洋風お菓子にもGOODという事が分かりました♪

色んな意味で万能だな!

様々な楽しみ方をして、ついでに健康な体も手に入れちゃいましょう☆