引越しで最も重要なのが「ご近所づきあい」

新天地への引越し。

期待や不安に満ち溢れる一大イベントですよね!

新生活の準備、片づけなど色々と忙しいですが、一番大事なのが「ご近所付き合い」。

その為の”ご挨拶回り”は欠かせません!

隣や近所にはどんな人が住んでいるのか?

しっかり把握しておけば、困った時に助け合う事も出来ますし、万が一のトラブル回避にもつながります。

お互いの為にも、ここはしっかりと行いたいですね。

ただ、困ってしまうのは、どこまでが挨拶するご近所さんなのか?

「戸建て」「集合住宅」「社宅」の3種類について、挨拶すべきご近所さんの範囲を調べてみましたよ!

さらに!挨拶周りの際に必要なのが手土産です。

喜ばれるご挨拶ギフトや、品物の相場の金額、渡すタイミングなどもご紹介したいと思います♪

 

どの範囲まで挨拶すれば良い?

挨拶回りで一番最初に疑問に思うのが、「どこまで挨拶すれば良いのか?」ですよね。

シチュエーションに分けて、一般的な挨拶範囲を調べてみました!

戸建ての場合

一般的には「向こう3軒両隣」に挨拶するのがマナーです。

「向こう3軒両隣」とは、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒を指します。

ただ、後ろに家が建っている場合は、そちらにも伺いましょう!

基本的に隣接しているお家に挨拶しておけば間違いないそうですよ。

【ポイント】

戸建てが立ち並ぶ場合は、まずは地域の班長さんや自治会長さんにご挨拶しておくと良いそうです。

その際に地域のルールやしきたりを確認しておくとスムーズですね♪

マンション、アパートなどの集合住宅の場合

一般的には「両隣と上下」に挨拶するのがマナーです。

ですが、上下よりも同じ階に住んでいる人の方が出会う事が多いので、上下をやめて同じ階に挨拶する方もいるみたい。

マンションやアパートの作りで判断すると良いかもしれませんね。

ただし!

小さなお子さんがいる場合は下の階に騒音で迷惑をかける可能性が高くなります。

なので、下のお部屋の方にはしっかり挨拶しておいた方が良さそうです。

社宅の場合

社宅の場合は、その規模によって変わってくる為、一般的なマナーの決まりは無いようです。

ただ、基本的には「全部屋に挨拶する」のが好ましいんだとか。

やはり、普通のコミュニティーとは違い、同じ会社に属するという少し特殊な環境化になります。

なので、全員と顔見知りになるのが理想なんだそうです。

社宅の規模が大きく、全部への挨拶は無理…という場合は、「同じフロア全部屋と上下の部屋」に挨拶しておくと良いそうですよ。

 

挨拶品の金額の相場は?

一般的な相場は1000円以下

では、手土産はいくらぐらいで用意したら良いのでしょうか?

一般的な相場は「500円~1000円くらい」でした!!

意外と安いですよね。

あまり高いと逆に気を使わせてしまって迷惑になる事もあるんだそうです。

お手頃…かつ喜ばれるような商品を選ぶのがポイントでした♪

【ポイント】

ただし、より親密にしっかりご挨拶したい!という場合であれば1000円~1500円程度に奮発しても良さそうです。

また、ご近所に大家さんや管理人さんがいる場合は1000円~2000円程度で贈るのが一般的みたいですよ。

どんな品物が喜ばれる?

どんな物を贈ると喜ばれるんでしょうか?

色んな人の意見を参考に選んでみました♪

1位:お菓子

2位:洗剤

3位:ティッシュ

4位:タオル

基本的に消耗品が喜ばれるみたい。

こういった後に残らない物を「消えもの」と言うんだそうです。

お菓子の場合は、おせんべいやクッキーなどの日持ちするものが人気でした。

4位のタオルのような絶対使う日用品も貰うと助かりますよね。

どれも金額は1000円以下でおさまるしリーズナブル♪

基本的に自分が貰って困らない物・・・と考えると良いみたいですよ!

熨斗(のし)を付けよう!

引っ越しは一般的に「慶事」なので、挨拶品には熨斗を付けるのがマナーなんだそうです。

さらに、熨斗は名前を覚えてもらう為の名刺代わりにもなります♪

熨斗のポイントはこんな感じ↓

水引…「白赤の蝶結び」

表書き上段・・・「御挨拶」

表書き下段・・・「苗字」

包装やラッピング上からのし紙をかける「外のし」という方式が見栄えも良くて一般的だそうです。

プリントした物でもOKなので、是非のしを付けて用意してみてくださいね。

 

タイミング&渡し方

いつ渡す?

渡すタイミングは、「引越し前」がベストです!

引っ越し当日は車や人の出入りで迷惑をかけてしまうので、前もっての挨拶でその旨伝えておくと安心です。

ただ、どうしても会えなかった場合は、引っ越し当日、もしくは1週間以内には挨拶出来るようにしましょう。

平日の時間帯であれば朝10時~18時くらい。

土日祝日の場合は午後から伺った方が良さそうです。

食事の時間帯、早朝や深夜など自分が来られて困るタイミングは外すようにしましょうね!

渡し方

1.紙袋から取り出す
2.正面(文字を相手に向ける)向けて渡す
3.挨拶する

【例文】

08

・「この度、○○へ越してきました◇◇と申します。心ばかりのものですがお納めください。」

・「この度、○○へ越してきました◇◇と申します。ほんの気持ちですがお受け取り下さい。ご迷惑おかけすることもあるかと思いますがどうぞよろしくお願いいたします。」

第一印象はかなり重要です!

せっかく手土産を用意したのに悪い印象を残さないように、挨拶の仕方にも注意したいものです。

 

よりよい人間関係を築いていこう!!

最近はご近所づきあいってあまり聞かなくなりましたよね。

その為、挨拶回りしないという人も増えているんだそうです。

でも、どうせなら同じ地域に住む人達とは出来るだけ友好な関係を築いていきたいですよね。

そのキッカケとしても有効な挨拶回り。

面倒でも消費が苦しくても、絶対にやっておいた方が良いです!

ご近所付合いが良好に出来れば、毎日の暮らしは断然楽しい日々になると思いますよ!!